FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

きつね丼 

きつね丼って、食べます?

実はワタクシ、30数年ほど前に奈良へ来て初めてその存在を知った次第^^;
そんなもんも知らんのかーと、ちょっと呆れられて、こっちもビックリ。食べたこともないし、食堂のメニューなどでもそんな丼名を見たことがない! と思う。

近鉄奈良駅近くで勤務していた頃に、そんな出来事があり、たしかその日のランチがきつね丼デビューだった。
おいしいー。なんでこんなものを今まで知らなかったんやろと、これまでの人生ちょっと損をしたような気分に。
しかもいちばん安いメニュー(笑)。250円だったかなあ。

数年前にお店をたたまれてしまったのが残念だが、東向北町にあった「たかぎ」さん。
出雲そばのお店だが、丼やオムライスもおいしかったのだ。

たかぎさんのきつね丼は(他店では食べたことはないが)生っぽい玉ねぎと、刻んだ油揚げとのなじみ加減が絶妙。

きつね丼は強烈な印象とともに、好物になったけれど、そんなにしばしば食するわけではない。

材料は油揚げと玉ねぎ、青ねぎ、シンプルなだけにお出汁のうまさも必須。
卵でとじるのもあるようだが、ワタクシは卵不要派。

普段は忘れているのに、おいしい油揚げが手に入ると、むしょうに「きつね丼」が食べたくなる。
この日は、「きたまち豆腐」さんの油揚げで

190619きつね丼


料理人は、30数年前に「きつね丼も知らんのかー」と馬鹿にした人である(笑)



スポンサーサイト



Posted on 2019/08/23 Fri. 14:39 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 2

23

日中友好の朝顔② 

昨夕(8月11日)、無事に立山から帰還しました。
写真もいっぱい撮ってきましたので、追ってブログで報告する予定です。

10日の午前2時頃に出発したのですが、この日の朝、咲きそうな朝顔が3つほど。1つ目の開花がうまくいかなかったこともあり、ずいぶん心配しておりましたので、確認したかったのですが…。
種をYさんにいただいて、手塩にかけた朝顔なんです。⇒

もちろん、水やりと撮影を夫に頼むことは忘れませんでしたよ。
夫の写真から

190810朝顔


生育条件があまりいいとは言えないこんなところで、けなげに立派に咲いてくれたことに感謝感激。結構プレッシャーもありましたので、ひとまずホッ。まだまだ咲きそうです♪

Posted on 2019/08/12 Mon. 10:19 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

12

ナガネギマン 

ついに、明日、立山へ発つことに。
雷鳥沢でキャンプ泊をするのだが、このワタクシが食事担当^^;

標高2280m。
鍋やバーナーは他の人が持って来てくれるということで、白菜、きのこ類、鶏肉、豚肉などを準備。すべて切って、すぐに投入できる状態に。

190809野菜


ネギを切りながら、思い出し笑い。
幼児に大人気の「アンパンマン」。主人公もバイキンマンもドキンちゃん、コキンちゃんはもちろんだが、実は、影のスーパースターは「ナガネギマン」ではないかと思うのだ。
「ナガネギマン」というのは、普段はネギを育てているネギーおじさんなのだが、悪と戦うときは変身して

190809ナガネギまん2

↑ネットから拝借


6歳も1歳も、「ナガネギフラメンコ」の曲が流れると激しく踊り出す。

ねぎ! ねーぎねぎねぎ! なーがねぎフラメンコ!  オレィ!

1907ナガネギマン

YouTube⇒


明日早朝というより、夜中の出発なので、早めに就寝しまーす。オヤスミナサイ。

Posted on 2019/08/09 Fri. 18:56 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 2

09

朝顔日記 

朝顔の種をいただいたのは5月30日のことだった。
Yさんの写真展では、この大輪の朝顔が気高く登場していた。

190530写真展朝顔

日中友好の朝顔だという。
種の入った袋には、この朝顔にまつわるエピソードが添えられていた。

1907朝顔説明

↑クリックで拡大


喜んでいただいて帰ったものの、うーん、ここ何十年も種から植物を育てたことがない!
これは土から考えないといけないわね。

楽しみと同時に不安がよぎる。
朝顔の育て方、というサイトで、種の外皮を少し傷つけたうえ、ひと晩ぐらい水に浸けると発芽しやすい、というのを読んでふむふむ。

けれども、バタバタが続き、6月16日の「かぎろひ歴史探訪」第12期を終えて、やっと植える余裕ができた。
6月18日、培養土を準備して、ベランダのプランターに植えつけ終了!
その後で、種に傷をつけることもひと晩水に浸けることも忘れていたことに気づく、アホさかげん^^; あちゃ。

心配をよそに、1週間後の25日、発芽を確認。

190625発芽


翌日26日、早くも双葉が!

190626双葉


それから1週間後、7月2日

190702三葉


5日後(7月7日)、葉っぱは4枚になり、別の種から発芽したものも双葉に

190707朝顔


7月9日、葉っぱは5枚になった。

190709朝顔


7月11日、葉っぱが6枚、というより、ツルか?

190711支柱


いよいよ支柱が必要やね、と近くの百均へ走るが、網のようなものしかなくて、それを購入。支柱は簡易に自分で作った^^;
どうせなら、もう少し遠くの専門店へ行ってきちんとすればいいものを、テキトーさとええ加減さは悲しいサガ。O型のせい? ちがうわね、かぎろひ流の欠点か(笑)


ツルはぐんぐん伸びていき、簡易支柱はなんの役にも立たず、ベランダの手すりに巻き付き始めた。
いやはや、植物のエネルギーはすごい!


7月14日、大きな葉っぱに、クマゼミの訪問。 ↓葉っぱの裏に、おなかを上向きにして。

190714蝉


まだ梅雨の明けない頃で、雨宿り? それにしてはおなかが出過ぎ(笑)

1時間後、見に行ったらすでに蝉の姿はなかった。
近くの樹木から響くクマゼミの声を聴きながら、ああ、あのセミかも、と思ったり。


7月20日、葉っぱがあまりにも大きいので掌と比べっこ。
ワタクシの手も大きいほうだと思う。

190720.jpg


7月21日も葉っぱを撮影。デカイ。きっと花も大きいのだろうな。

190721葉っぱ


7月28日、蝶々が訪問。まだ咲いてなくて悪いね。

190728蝶


7月30日、梅雨明け。
種を植えてから40日を経過して、やや心配に。花は咲くのか。葉っぱに栄養分がとられているのでは? ネット検索してみると、花が咲かないこともあるらしい。要点は
1.窒素の多い肥料は✖でリン酸が多めがよい
2.水のやり過ぎもよくない
3.外灯などで夜が明るいと✖
4.摘芯をしているか

毎朝、土の様子を見て水やりをしているし、夜もまあ暗い。摘芯もしたで。
とするなら、リンの多い肥料が必要? 
コーナンまで走り、リン成分がいちばん多い(6-10-5)「ハイポネックス」という液体肥料を買ってきた。

190730肥料


書いてあるとおりに水で薄めて与えてみた。
あー、植物を育てるのも大変やー^^; 心配事が多い!


そんなこんなで、毎日様子をうかがっていたら、一昨日(8月5日)のこと、夕方帰宅すると、つぼみが大きくふくらんでいる!

190805つぼみ


わー。これは明日、咲くよね! うれしすぎて眠れないほど(笑)


翌朝6時頃

190806つぼみ2


1時間ごとに見に行くが、なかなか開かない。ん、どした? がんばれ!!
それにしても素敵なつぼみだこと!

190806朝顔


だのに、結局、パーッと大輪を開かないまま、よく見ると、花が切れている……

190806開花


かわいそうで、残念でしかたがないのだが、調べてみると、大輪の朝顔には花切れはよくあることなのだという。
花が大きいほど薄いので、ちょっとした風にも弱いらしい。⇒大輪朝顔掲示板

液体肥料は余計だった? 朝はすっきり晴れず曇天だったので、そんなことも関係あるのかなあ。
次の花に期待! だけど、台風がきたらどうするのよ。ベランダの手すりに巻き付いた朝顔は屋内に入れることもできないやん、と台風ニュースを見ながら不安にかられるのだ。

立山行きも危うい(;_;)


Posted on 2019/08/07 Wed. 07:07 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

07

初めての花火 

子どもの頃、「紀ノ川祭り」に連れていってもらったのが、花火を見た最初かもしれない。
こわいほどの混雑と、次々と夜空に現れては消えてゆく鮮やかな色彩を記憶の底から呼び戻すことはできる。

このヒトもそうだろうか。いや、記憶に残るにはちょっと小さすぎるか。1歳5か月。

わ!

190803花火


いぇい!

190803あーちゃん


人見知りの激しいあーちゃん、知らないおじさんに抱っこされても、ひたすら花火

190803抱っこ


月齢2のお月さまが静かに見守ってくれているようだった。

190803月


8月3日、大和郡山の花火を見て。

190803花火2

Posted on 2019/08/04 Sun. 15:19 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

04