08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

みたらい渓谷 

8月14日、観音峯から下って、みたらい渓谷遊歩道をハイキング。
大峰山から流れ出す山上川のすきとおった、エメラルドグリーンに、思わず歓声をあげてしまいます。

170814エメラルドグリーン


滝が涼しさをいや増し

170814滝


渓谷美を堪能。

170814渓谷3


心身ともに癒されました。感謝。

※3年前のみたらい渓谷⇒
このとき、観音峯に登りたいなあとひそかに思ったのでしたが、実現してうれしい限り。⇒
スポンサーサイト

Posted on 2017/08/20 Sun. 04:09 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

20

観音峯展望台 

8月14日、天川村にある観音峯展望台(1208m)に登り、下山して、みたらい渓谷遊歩道をハイキング。

メンバー3人(リンネさん、Fさん、かぎろひ)


観音峯は大峰山系の一つ、その前衛のような山、らしい。




観音峯展望台1208mと書きましたが、登山口の標高がすでに800m!
そこまではリンネさんの車で運んでいただきました。
なんや、400mしか登っていなかったのかぁ。

170814観音峯地図

↑クリックで大きくなります。


整備されていて歩きやすい山道でした。

170814観音峯2


所々に苦手な階段もありましたが、さほど長くはなく

170814階段


石ころの道があるかと思えば平坦な所もあって、むしろ変化が楽しめました。
余裕やな、って、なにしろ400mですからね^^;

170814石の道


もちろん汗はかきましたが、風が冷たくて、いい気持ち。緑もきれいでね。ブナ林?

170814緑



観音の水をいただいて。わぁ、つめたい、おいし~!

1708014観音の水


第一展望台に立ち寄って

170814第一展望台

八経ヶ岳や弥山なども見えましたが、樹木がどんどん伸びて…


観音平に到着

170814観音平

↑左手にあずまや。広場で休憩

170814観音平2


観音の岩屋へおまいり

170814観音の岩屋

170814観音の岩屋2


このあたりは、大きな岩肌が露出していて、不思議な光景を見せていました。
行場だった? 

170814岩山


さぁ、山頂近くなってきましたよ。

170814山頂近し


170814展望台へ


着きました~

170814観音峯展望台

170814標高

観音峯の山頂はここではなくて、↑前に見える山でもなくて、その奥なんですって!


山頂(1348m)は展望がきかないとのことで、ここで大満足。お弁当と360度のパノラマを楽しみました。

170814-東展望

↑特徴あるバリゴヤノ頭、稲村ヶ岳などウワサに聞く山々が目の前に。


山上ヶ岳は無理だとしても(いちおう女人なので^^;)稲村ヶ岳に登ってみたいなぁ、とだんだん欲張りになってくるのでした。

170814稲村ヶ岳


金剛葛城二上のお山も見えましたよ(クリックで拡大)。

170814金剛葛城二上


高野山や橋本方面も。ヤッホー

170814高野山方面



観音峯は南朝の歴史を刻むお山でもあります(↓クリックで拡大)。

170814南朝ロマンの小径


Posted on 2017/08/17 Thu. 09:10 [edit]

category:

TB: 0    CM: 2

17

夏の金剛山 

6月(→)に続いて、またまた金剛山へ。

7月27日
コース:JR和歌山線北宇智駅~御霊神社~(天ヶ滝新道)~中の平~伏見峠~ちはや園地~葛木神社~転法輪寺~国見城跡(時計広場)
下山は(郵便道で)~高天彦神社~かもきみの湯~(バス)~御所駅

メンバー:3人(PANDORAさん、elsurさん、かぎろひ)

この日の天気予報は午後から60%の降水確率。
晴天を信じて疑いもしていなかったので、びっくり。うそー。わ、ワタクシのせい? やはり、アメオンナ…^^;
相談の結果、午前中は降らなさそうだから、決行しましょうということに。万が一、山頂で雨に見舞われたらロープウェイという選択肢も入れ、臨機応変でねとゴー!


JR北宇智駅、朝7時59分着

170727北宇智駅


駅舎のツバメの巣は空っぽ。すっかり巣立ちを果たしたよう。オメデトウ~!→


北宇智駅から登山口までは約3.3km。
御霊神社に立ち寄ったり

170727御霊神社


あれから(→)ずいぶん大きくなった稲穂にカンドーを覚えながら

170727稲穂


いざ、お山へ

170727スタート道標


こんな暑い時期に、金剛山に登るなんて、大丈夫やろか。。迷惑かけないやろか。。
かなり不安をもってこの日を迎えたのでしたが


時折、樹間から見える向こうのお山に歓声を上げたり

170727音羽三山

↑右手は音羽三山、左に見えるのは額井岳?


あれはどのあたりかなあと目を凝らしたり

170727下界

植物に詳しいPANDORAさんに名前を教えてもらったりしながら、なかなか快適な山歩きとなったのでした。

170727山道



山上の不動明王さんにご挨拶。

「うむ、よう来た!」
170727不動明王



下山は郵便道で。

170727下山

↑ながーい階段が曲者でね。登りでこの道を通ったときは、かなりしんどかったので(→)、今回は下りで。


170727下山2


山歩きの終盤で、突然の豪雨に遭いましたが、しばらく小屋に避難。

雨上がり、道を下りながら、お山を振り仰ぐと、おお!

170727下山後

何度も何度も振り返りつつ、その幻想的な風景にうっとり。

170727下山後3

↑高天彦神社のご神体、白雲岳がいよいよ美しく神秘的


東の山々も

170727下山東3

こんな風景に出あえるのなら、雨も大歓迎やね、と思えるのでした。

170727下山後5


意表をついて出現した蓮田にもテンション上がりました!

170727蓮




かもきみの湯でゆっくり汗を流して、バスで御所駅まで。

170727かもきみの湯

山歩きは初めてご一緒したメンバーでしたが、頂上めざして歩いた後はもう同志のような信頼感と親近感。
とても楽しい1日となりました。
夏の低山歩きも捨てがたいね。調子にのるヤツ(笑)

PANDORAさん、elsurさん、ありがとうございました。

PANDORAさんがすでにブログアップされています→
elsurさんブログ→

Posted on 2017/07/29 Sat. 13:38 [edit]

category:

TB: 0    CM: 2

29

耳成山 

先日(7月15日)、八木駅あたりでちょっと時間ができたので、あっ、耳成山(みみなしやま)へ登ろうっと。

170715耳成山


きたる金剛登山に備え、少しでも足慣らしをしておかなくては。
女1人の山歩きは自制しているとはいえ、大和三山はええやろ。耳成山140m弱(笑)


山口神社の鳥居をくぐると

170715鳥居


アスファルト道とはうってかわり、涼しい~。
猫ちゃんはよく知ってるね。爆睡中。

170715猫


そばを通っても↓ おいおいキミ、無警戒すぎるで。

170715猫2


そういえば2年前の元日、この山に来たときは(→)、時々吹雪く寒さだったのに、山の中に入ると、ほんのり温かくて、お山が守ってくれているという気がしたのだった。外ではごうごう風が鳴っているのに、山中は静かでね。


山口神社におまいりして

170715山口神社


遊歩道で木漏れ日を楽しみ

170715遊歩道


山頂へ。一応、三角点をふんで

170715三角点


山頂からの眺めは閉ざされているけれど

170715山頂


気持ちよい風が通って、しばらく1人でぼーっ。もう山から出たくないくらい。


帰り道で、あれっ、こんなルート知らないわ。初めての道をとってみたら。
おお、畝傍山がのぞめる箇所があり

170715畝傍山

170715下山


170715出口


出た所はなじみのない場所

170715耳成山図

↑たぶん、北西側へ出たのでしょうね。


ここはどこ? すぐにはわからず、キョロキョロしていたら、野球のユニフォーム姿の少年が、通りかかって、どうされました? たぶん中学生だと思われるのに、何かとても自然体でさわやかなのだった。

「ありがとう」と言ってバイバイしたのだけれど、その先でまた出会って、どうも頼りなさげなオバサンを待っていてくれたのかな。
「もう聞くことはありませんか」って。
「八木駅はあちらのほうよね」「はい、ここをまっすぐ行って左へ曲がって・・・」
それはもう親切で、心がホノボノ。いまどきの中学生って、かくもさわやかで親切なのね~。

ワタクシ、阪神タイガースのスポーツタオルを首からかけていたので、親近感をもたれたのかも!

名も知らぬ野球少年さん、ありがとうございました。


Posted on 2017/07/25 Tue. 20:38 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

25

郵便道で金剛山  

6月16日、3年ぶりに金剛山(1125m)へ登りました。

1706金剛山


初めての郵便道コース。
高天彦神社脇から通じるこの道は、平成25年の台風被害のため、現在は通行止めとなっているのですが

170616通行止め


迂回登山道が整備されています。

170616迂回登山道

170616迂回道2

「郵便道」という愛称は、昭和初期から終戦頃まで、郵便局員が山上まで配達のために通っていたことから付いたそうですよ。

今回はこの迂回登山道で山頂をめざしました。

神山、白雲岳を仰ぎつつスタート

170616白雲峯


石ころの道

170616石


根っこの道

170616根っこの道


最後は階段ばかり。ふうっ。

170616階段


ワタクシ、これで4つのルートを歩いたことになりますが、うーん、今回のコースがいちばんキツイような。トシのせいではないと思いたい(笑)


とはいえ、平坦な所もあり

170616平坦


つややかな緑に歓声をあげ

170616緑2


向こうの山並み(ダイトレが通っている)にヤッホーと叫びたくなったり

170616ダイトレ


山歩きの醍醐味をかみしめたのでした。

ちょうどお昼頃に山頂~。

170616金剛山文字

このお山はいつ登っても、頂上付近はにぎやか。大阪側から登る人が多いようですね。ロープウェイもあるしね。

気温は17度くらい。快適!


葛木神社

170616葛木神社


転法輪寺におまいりして

170616転法輪寺


国見城跡(時計広場)でお弁当

170616山頂2


食後は散策して、湧出岳の三角点も確認

170616三角点


あっ、葛城山

170616葛城山2


ブナ林

170616ブナ



下山

170616下山

170616下山2


今回もいつもの仲間(4人)での山歩きでした。
リンネさんをリーダーに、Fさん、Fさん、かぎろひ。

皆様、お世話になりました。


下山後は、かもきみの湯で汗を流し

170616かもきみの湯


おんな2人で反省会をして、山歩きのフルコースを堪能しましたよ(笑)
こちらはまた改めましてご報告できたらと思いまーす。



2013年11月の登山記事→
金剛山ライブカメラ→






Posted on 2017/06/18 Sun. 06:33 [edit]

category:

TB: 0    CM: 4

18