FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

ミツマタ 

大峠越えの続き(⇒)といきたいところなのですが、それをアップするには時間が足りなさそうなので、道中見かけた、ちょっと変わった植物の話を。

サバイバル下山を経て、お弁当もすんで、のどかな風景のなかをのんびり歩いている時のことです。

最初は梅かな、と思ったのですが

210212宮奥で3


近づくにつれて、餅花みたい。

210212宮奥で

郷里のお正月迎えの準備を思い出したり。


じっくり眺めると

210112宮奥で2

小さな実がいっぱいかたまっているようにも、これから花開く感じにも見えます。

田舎育ちですが、見たことがありません。なんやろ、印象に残りました。

調べたらすぐにわかるだろうと思っていたのですが、結構手こずりまして。
検索キーワードを何回も変えて、やっと、これや! と確信したのが「ミツマタ」でした。

ミツマタって、コウゾとともに紙の原料になるんですよね。名前はよく知っているのに植物を知らなかったことにあ然。
そういえば、以前、法華寺さんのお庭で見たような記憶はあるのですが、こんな形状ではなかったような? 季節が違ったのでしょうね。

しかし、花を見ても、うーん、という感じ。

ミツマタの花⇒


もしかしたらと、「ミツマタつぼみ」で検索、その姿を見てようやく、膝をたたいたというわけでありました。



210212ミツマタつぼみ
ミツマタは「三椏」っていう漢字なんですね。文字も難読やん(笑)


実とまがうようなつぼみたちは、ピッタリ寄り合って、薄いベールをまとったような姿。

大宇陀のあの、ミツマタさんたち、いつ頃、花開くのかなあ。
見てみたいよ。
スポンサーサイト



Posted on 2021/02/20 Sat. 21:05 [edit]

category: 宇陀市

TB: 0    CM: 2

20

大宇陀で出あった花たち 

8月3日、大宇陀をウロウロしたとき(⇒)、道中ほとんど人には会いませんでしたが、花たちに元気をもらいました。
この時期の花って、強烈な色が多いですよね。それも草花ではなくて大きな樹木。

ねむの花

200803ネム

200803ネム2


さるすべり

200803サルスベリ

200803サルスベリ2


むくげ

200803ムクゲ


大宇陀町の名が入るマンホール

200803大宇陀町マンホール

平成18年(2006)、菟田野町・榛原町・室生村と合併して宇陀市となり、「大宇陀町」という自治体はなくなりました。
マンホールには大宇陀町の花「カザグルマ」が刻まれていました。
ちなみに、宇陀市の花はスズラン。

Posted on 2020/08/07 Fri. 09:46 [edit]

category: 宇陀市

TB: 0    CM: 0

07

大宇陀で 気の向くままにハイキング 

8月3日、大宇陀へ。
一応、所用なのですが、大好きな地なので、すぐにUターンする気はありません。どちらかというと、仕事をだしにして、大宇陀行きを楽しみにしているココロ(笑)。

ウロウロ歩き回るだけで楽しいのですが…
ずっと前から行きたくてたまらないのに、まだ叶わない山越え。そう、大宇陀から桜井(粟原)へ歩いてみたくて仕方がないのです。
声をかければ、のってくれそうな何人かの顔が浮かぶのですが、自分の所用ついでというのは申しわけないし、さりとて急を要する話でもないので、今のところ、自分の中で行ける機会をねらっている状況(笑)

この日もずーっと考えておりました。あの山を越えるのねー

200803音羽山

が、所用先で
「コロナ騒ぎで、草刈りとか全部中止になっているから、草ぼうぼうやと思うで」
「熊は出ないと思うけど、イノシシに出合うかも」

などと、脅かされて、すっかり怖気づいてしまい、「やめときます」。
ひっそりした、重要伝統的建造物群保存地区をぶらぶらして

200803大宇陀


黒門(松山西口関門)まで来ました。
門の向こうに入道雲

200803西口関門


と、観光案内板に「大宇陀ふれあいルート」の文字が

200803大宇陀ふれあいルート
↑これやん、歩きたい道

↓緑の道がそれ
200803地図


こんな軽々しく書いてあったら、余裕で行けそう、と思いません?

イノシシのことは忘れ、またまた行きたくなって、道を確認してから決めることに。
徳源寺と嬉河原への分岐のとこまで行ってみましょう。

看板の「大宇陀ふれあいルート」には
徳源寺の裏山から杉林の中の山道を北西に向かう。峠を越えて桜井市に入り

といとも簡単に一行で済ませていますが、2年前、徳源寺の裏山を1人で歩いたとき、ちょっと荒れた感じもありこわかったので^^;
この日は舗装道で向かうことに。以前歩いたことがあるので、土地勘バッチリ(笑)


ひたすらの上り道。こんな急勾配やったけとつぶやきながら

200803上り道


到着~

200803道標

2年前は、ここから山道を下って徳源寺へ行ったのでした。⇒

この日は、嬉河原への道を確認してみますね。
場合によったら、桜井まで行くかも、という思いで、小道に入りました。

200803嬉河原へ

↑これぐらいの道だったら行けそうかなと思ったのですが


200803嬉河原へ2
↑次第にこんな感じになって

きっぱりあきらめましたとも! 蛇が潜んでいてもわからへん^^;

でも、こんな山並みがのぞめただけで、ここまで来た甲斐があったというもんです。

200803山並み



後ろ髪を引かれることもなく、それからこんな看板を見つけて

200803温泉掲示

温泉ええなあ、と思うのですが、準備がなく断念、残念。


阿紀神社を経て

200803阿紀神社


額井岳にテンションを上げ

200803額井岳


「かぎろひの丘」に向かう手前で

200803ヒルトコカフェ

このお店、以前から気になっていたのです。
ちょうどお昼なので入ってみることに。

古民家をリノベーションしたようですが、いい感じです。

ランチ

200803ランチ携帯

品数が多くて、おしゃれ。サラダはたっぷり。
あ、手前はメインのハンバーグ。ホイルに包まれて登場しました。

200803ランチ2


デザート

200803デザート
↑飲み物はコーヒー、紅茶などから選べるのですが、聞いたことがない名前のハーブジュースがあったのでそれを。初物に弱いタイプ(笑)

ゆっくりさせていただきました。
目の間に広がるロケーションがすばらしくて。
ああ、山越えしなくてよかったー。決行していたら、山中を必死に歩いているとこや、とホッ(笑)。

いつの間にか店内は満席。若い人ばかりで、おば(あ)さんは約1人^^;。
それも、たぶん、全員が車。ハイキング立ち寄りは約1人(笑)。

ヒルトコCafe⇒

HPを見ると、六次産業に関わっている会社の経営のようですね。
ハーブや野菜たっぷりな感じがしたことにナットク。


「かぎろひの丘」では思いがけず激しい涼風の歓迎を受けて

200803かぎろひの丘


あー、そのせいで落っこちてしまったの?

200803栗


豊かな自然に敬意を表し

200803稲



人麻呂さんに挨拶して

200803人麻呂


バス停のある道の駅に向かいました。
自転車をJR奈良駅に預けてあるので、バスで桜井へ出るつもり。
JRとバスだと、何だか大宇陀がとても近く感じられるのが不思議。たぶん時間も早い、運賃も安い、かな。


待ち時間があることを願っていたら予定どおり。
ランチにビールを付けようかと思ったのですが、そうや、道の駅近くに地ビールの店ができているはず! そこに寄ろうと思って、あえてランチビールは避けたのです。
2年前のクラフトビール祭りでゲットした情報が気になっていて⇒
忘れっぽいのに、なぜかお酒の情報だけはしっかり覚えている不思議(笑)。奥大和ビールおいしかったので、現地でまた飲んでみたかったのです。

奥大和ビール⇒

醸造所に併設されたタップルームは月・火が定休日で残念。
あきらめきれず、「道の駅」で販売していた奥大和ビールを、喫茶コーナーで飲むことに。
買ったビールの栓を開けてくれてコップも貸してくれることは、以前、室生の道の駅で学習済み(笑)

200803ビール
↑コップは、お水用のを使ってと言われまして…^^;


ビールを楽しみながら、センセから頼まれていた「ひとり同人誌」の校正もできて一挙両得(笑)


帰りのバスは、最初から最後まで1人、申しわけないような貸し切り状態で。

200803バス2

ひとり、楽しい一日を満喫。
何も決めずに、気ままに歩くってほんとうに楽しい。贅沢でシアワセなことやと感じた次第。
家にこもってボーっとしているのもわりと好きなんですが、陽を浴びて歩くって、心を元気にすると改めて思ったことでした。




Posted on 2020/08/04 Tue. 12:04 [edit]

category: 宇陀市

TB: 0    CM: 2

04

宇陀松山城跡への道 

大宇陀へ行ったら、立ち寄らずにはいられないのが松山城跡。
吹き渡る涼風のなかで山なみを見つめていると、時間を忘れるほど。
最初に訪ねたときのブログ内記事⇒
もっと前かと思っていたら、まだ3年前だった^^;

6月20日、大宇陀の後、初瀬へも立ち寄る予定があり、時間はおしていたのだけれど、ここだけは外せないわと行ってみたら…

190620松山城跡入口


ん?

190620通行止め

通行止めらしいけど、ロープをはっていないし、説明板もささやかなので、よし、確かめてみようっと(笑)

190620倒木


なんや、この程度なら行けるやん、となおも進んでいくと

190620倒木2


おお、完全に道がふさがっているー。
けれど、もう戻る気がしない。はい、自己責任で突き進むことに^^;
倒木の下をくぐったり、乗り越えたりしながら、ゴール!

誰か見ていたら、おばちゃん、何すんねん、って感じ?(笑)
でも、山村育ちなんでね、子どもの頃を思い出しながら…、結構楽しかった。ここだけの話ですぞ。


松山城跡へは広い車道ができていて、ビックリ。

190620舗装路

190620道標


どこへ出るん? ちょっとワクワクしながら新しい道を下ってみた。

190620舗装路2


なるほど、ここかー。道の駅はすぐそこ。
今は車両は通れないようだけど

190620舗装路3


ゆくゆくは車で城跡すぐ下まで行けるようにするのでないかなあと思った次第。
駐車場もきちんと作って、あのあたり、もっと様変わりしそうな感じ。

説明版も新しくできていた(クリックで拡大)。

190620説明版


春日神社からの山道は復旧の見通しがないと、現地で草刈りをされている方がおっしゃっていた。
どうやら、この舗装道路を松山城跡へのメインルートにするらしい。個人的にはちょっと残念だけれど、もっと多くの人に門戸開放となるだろうし、すばらしい風景を見てほしいしね。大宇陀の観光も魅力が増すはず。

あ、「かぎろひ歴史探訪」でも、11月に予定。あちゃ、春日神社からの道を考えていたので、これは変更しなくちゃね。
舗装道路は風情はないけれど、かえって安心かも。


城跡はきれいに草が刈られ、整備されていた。

190620城跡2


しばらく眺望を楽しんだのだった。

190620城跡から

190620城跡から2

Posted on 2019/06/21 Fri. 08:19 [edit]

category: 宇陀市

TB: 0    CM: 4

21

窓外風景ベスト3 

5月14日、初瀬~大宇陀方面へ。
「かぎろひの大和路」の、最後の配本。遅なってしもた…^^;

いやぁ、せっかく初瀬、大宇陀へ行くのにトンボ帰りはモッタイナイ、ちょっと余裕をもってあちこち行きたいやん、と1日のばしにしていたらこんなことに。すいませんでしたm(_ _)m

移動手段は、ワタクシの場合、電車、バス、自転車、徒歩でありまして・・
西の京、大和郡山ぐらいなら、風を切ってペダルを踏むのも大好きなのですが、初瀬、大宇陀となると電車を乗り継ぎバスに乗って。

電車やバスの窓に顔をくっつけるようにして、流れていく景色を見るのも好き。
ワタクシの、そのベスト3に入ろうかというのが、長谷寺駅から榛原あたり。

今の季節は新緑と田園風景がさわやか~

15.5.14窓外2

15.5.14窓外


榛原駅から乗るバスからの景色も素敵なのだ。

15.5.14バス2


登ったお山はことに親しみがわきますね~
もう2年前になりますが、額井岳登山→

あっ、ベスト3などというタイトルを付けましたが、いっぱいありすぎて確定できていませーん。
その年の終わりに、今年出合った窓外風景ベスト3というのもいいかも〈笑〉

Posted on 2015/05/15 Fri. 10:28 [edit]

category: 宇陀市

TB: 0    CM: 2

15