05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

仏女新聞 

奈良国立博物館で開催中の快慶展も、会期が残り少なくなってきました(6月4日まで)。

170512快慶展


6月1日、奈良国立博物館特別支援会員「結の会」総会が終わってから、快慶展へ。
3回目となると、気にかかる仏様だけを拝するというぜいたくさ。

4年前、大阪市立美術館で目にした、弥勒菩薩立像(ボストン美術館)。
生涯もうお会いすることもないだろうと、せめて絵はがきをと求めたのでしたが

12ボストン美術館

再会できて感慨ひとしお。

真正面からだとそう感じないのですが、斜め方向から見上げると、目がうるんでいるよう。玉眼のせいでしょう、じっと見つめていると、光が揺らいで、今にも涙がこぼれるのではないかと思うほど。お姿を脳裏に刻んでまいりました。


さて、話は変わりますが、チラシ置き場で見つけた「仏女新聞」。
仏女新聞社 飯島可琳 2017年4月号 「快慶展」特集、とあります。

A4、1枚の素朴なものですが、読み進むほどに、仏像に対するなみなみならぬ造詣や、受け売りでない個性的な見方が心に残りました。この新聞を執筆しているのが、どうやら中学生らしいとわかり、さらに驚愕!

1705仏女新聞


弥勒菩薩立像については、こんなふうに書かれています。

・・・
菩薩立像の左腕に目がとまった。正対すると気にならないのだが、尊像の左側に回り込んで見ると不思議な印象がある。水瓶を持つ左肘の角度がきつく、菩薩の腕に込められた力が見えるかのようだ。重みのあるものを掲げれば、腕の筋肉の緊張が手のひらにも及ぶはずだ。しかし、菩薩立像の左手首から先は、重みを支えているようには見えない。力が抜けたしなやかな曲線だ。肩にかかる天衣が、ゆったりと風に吹かれているかのように広がっている。

おそらく、快慶は菩薩立像に人々が仏像に求める要素を詰め込んだ一方で、快慶自身の仏像観に基づく造詣も盛り込んだはずだ。両者はもしかするとうまく調和せずにせめぎ合い、仏像の身体に一種の緊張感を漂わせていたかもしれない。
・・・


全文を引きたいくらいなのですが、あとは上の写真を2回クリックして読んでみてください。
あ、ネットでも読めるようです。FB→


文章力もすばらしい!
背伸びしているような感はなく、(フツーの中学生には)難しいと思われる言葉や言い回しも、すべて消化吸収して自然に表現できている筆力には唸らされてしまいます。

きっと、たくさんの仏像に接すると同時に、研究書など、いやそれだけだけではなく幅広いジャンルの読書もされているのでしょう。

これから、楽しみに拝読させていただきたいと思います。

ふと、将棋界の新星、中学生の藤井聡太さんが重なりました。

2人ともとても楽しそうにスゴイことをやってのけているのが印象的。
天才って、早い時期に自分の使命や楽しみを見つけた人のことかも!


※特別展「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」
6月4日(日)まで

奈良国立博物館→
スポンサーサイト

Posted on 2017/06/02 Fri. 08:14 [edit]

category: 奈良国立博物館

TB: 0    CM: 2

02

「お水取り展鑑賞とお松明」を終えて 

「お水取り展鑑賞とお松明」(奈良国立博物館特別支援会員「結の会」主催)は3月3日、無事に終了。ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

14:00 奈良国立博物館講堂で開会
二月堂修二会・お水取りのDVD視聴、お水取り展の解説、お水取り展と仏像館鑑賞
16:40 東大寺本坊へ移動
上野道善東大寺長老の講話、お食事、お楽しみコーナー
18:30 二月堂へ
お松明観賞、お堂へ
※お土産に、昨年のお松明で作ったお箸と和菓子「良弁椿」(本家菊屋)

170303お水取りイベント


「結の会」が主催するこのイベントも10回目。ワタクシも当初から関わっていますが、もう10年も経ったのかと感慨深いものがあります。
そうそう、1回目は、「かぎろひの大和路」の読者がたくさん参加してくださったのでした。
「かぎろひ掲示板」のお仲間である、四国の円亀山人さんやたきさんがご夫婦で。そのお友達も。学生時代の友人ぴいちゃんもご主人と。横浜や千葉からも。
「かぎろひ掲示板」今も細々ながら健在ですよぉ。よろしければ書き込んでくださいね~。→


昨年ご参加のTeさん、まつよいぐささん(→)が今年もお友達や親類の方と。歴史探訪仲間のWさんが東京からいらっしゃったのにはビックリでした。
ブログに案内記事を書いたとたんにお申し込みをいただいたYさんとは、もちろん初対面だったのですが、お子さんとうちの孫の保育園が一緒だそうで、盛り上がりました(笑)。
やまとんくらぶなどでもよくご一緒するTaさんのお顔もあり、年ごとにご縁の広がりを感じます。


最近はブログを通じてお申し込みくださる方が増えたこともあり、読者の方には積極的にご案内しなくなり、申しわけありません。
恒例だった読者との翌日散策もなくなりましたが、これが「かぎろひ歴史探訪」の原点かも。


それが、今年はなんと「お水取り展鑑賞とお松明」に参加された団体さんから私どもにリクエストがあり、「かぎろひ歴史探訪」特別篇を実施することに。

コース:JR万葉まほろば線三輪駅ー大神神社ー大美和の杜展望台ー玄賓庵ー桧原神社ー桧原御休処(昼食と歴史講座)ー井寺池ー慶運寺ーホケノ山古墳ー箸墓古墳ー巻向駅

170304山の辺の道

いいお天気にめぐまれ、春を感じながら、のどかな、まさに古代史の里をゆっくりと歩きました。

お声をかけていただき、ありがとうございました。
龍センセには初対面の方ばかりで、「あれでよかったやろか」と終わってからも珍しく気にしていたのですが、いいお返事がゾクゾク届いてホッとしております。


Hさん
大変お世話になりました。
全員、最後まで楽しく歩くことが出来ました。
そして暖かく、お天気に恵まれて本当に良かったです。
山の辺の道、仙台の人たちにも、きっと喜んで頂けたと思います。
途中お互い親睦を深めることが出来、良き思い出を作ることができました。
奈良の名産、三輪そーめんもいただくことが出来、楽しいお話に、歴史を勉強でき、まさに歴史探訪でした。
ありがとうございました。お疲れ様でございました。



Uさん
神話と伝説の世界に誘って頂き、奥深い奈良の歴史と魅力をご紹介有難うございました。
まさに仙台にはない、京都にもない奈良だけが誇れるお国自慢ができました。

知らなければ単なる田舎の風景も田中講師のご説明で卑弥呼の世界に一変、参加者は1600年??前の世界にタイムスリップしたような気分になられたのではないかと思います。

古代史を溢れんばかりの豊富な知識と情熱で一生懸命解説して頂きました田中先生に心より感謝申し上げます。



Kさん
ハイキング日和に恵まれ、久しぶりに大和三山を眺望でき心癒されました。
田中先生の丁寧な解説で日頃奈良にいながら忙しさにかまけて知識&関心のなかったこと、反省させられました。

忙しい中、今回のコースを企画頂き、感謝しています。
仙台から参加の方々もとても喜んで帰っていただきました。
お世話になりありがとうございました。



Kさん
3月4日の「山野辺の路」ツアーでは、本当にお世話になりました。
いつかは「山野辺の路」を歩きたいと思っていたのですが、機会がないままにこれまできておりました。今回は本当に絶好の機会でした。暖かい日差しの中、年齢相応にゆっくりと、また適格な説明をお聞きしながら、ということは二度とはないことと感じております。
歩くのが嫌いで誘ってもなかなか応じてくれなかった主人も大満足だったようです。
改めて御礼を申し上げます。


センセにプリントアウトして渡すことにしましょう。
皆様、たいへんお世話になりまして、ありがとうございました。

170304桧原神社

(写真掲載許可をいただいていないので、小さめに^^;)



Posted on 2017/03/06 Mon. 11:10 [edit]

category: 奈良国立博物館

TB: 0    CM: 2

06

松明箸 

奈良国立博物館特別支援会員「結の会」が3月3日に主催する「お水取り展鑑賞とお松明」は、おかげさまで定員いっぱいになりましたので締め切りました。お申し込みありがとうございます。


ご参加の皆様には、昨年のお松明をお箸にしたものをお持ち帰りいただきますが、今日(2月20日)はそのラッピング作業の日。
Iさんのお宅に8人が集まり、1日がかりで作業をしてまいりました。

170220松明箸作業


ひと口にラッピングといっても何段階もの作業があります。

170220松明箸作業2

紙を裁断→折る→紙に「お松明の箸」のシールを貼る。
お箸に和紙を巻く→袋に入れる→説明書を付けて↑に入れる。


ようやく完成!

170220松明箸完成


1人ではとてもやってられないと思うのですが、みんなでおしゃべりしながらの作業は、意外にはかどるものですね。

お楽しみ抽選クジも作りましたよ。お楽しみに~

170220クジ


Posted on 2017/02/20 Mon. 20:47 [edit]

category: 奈良国立博物館

TB: 0    CM: 4

20

お水取り展鑑賞とお松明 2017 

奈良国立博物館特別支援会員「結の会」が主催する「お水取り展鑑賞とお松明」は、今年も実施します。
振り返ってみたら、もう11年目! ボランティア団体ですが、好評なのを意気に感じて、スタッフ一同頑張っています。


昨年の、受付準備中(奈良国立博物館新館入口前)

160304博物館


昨年とちょっと変わったところもありますが、内容は次のようになります。

「お水取り展鑑賞とお松明」2017

●とき:
 平成29年3月3日(金)午後2時開会(受付は午後1時15分から)
 *奈良国立博物館新館正面入口前にご集合ください。

●ところ:
 1.奈良国立博物館(午後2時~午後4時30分)
 2.東大寺本坊大広間(午後5時~午後6時15分)
 3.東大寺二月堂(午後6時30分~午後7時30分)
 *午後7時30分に現地解散となります。

●内容:
 1.お水取りを紹介するDVDの視聴と岩井共二情報サービス室長の講演(奈良国立博物館講堂)
 2.特別陳列「お水取り展」(奈良国立博物館新館)及び「なら仏像館」鑑賞
 3.上野道善東大寺長老の講話(東大寺本坊大広間)
 4.お食事(東大寺本坊大広間)
 5.お松明観賞(東大寺二月堂)

●会費:6,000円(食事、松明箸、和菓子、入場料等の費用)
 *お松明に使用した竹から作った箸、和菓子(良弁椿)をお持ち帰りください。
*会費は当日頂戴いたします。
 
●定員:150人(先着)
●主催:奈良国立博物館特別支援会員「結の会」
●後援:奈良国立博物館

 キャンセルされる場合は、実施日の2日前までにご連絡ください。
 当日及び1日前のキャンセルは3,000円を申し受けます。




奈良国立博物館でお水取り(修二会)について学んだ後は、東大寺本坊へ移動

160304本坊


上野長老の講話

160304講話


参籠が30回にも及ぶという上野長老ならではの裏話がオモシロイのです。
カメラを持つ手がふるえて、だいぶブレました^^;

上野長老

160304道善師


使用されていた紙衣(かみこ)、差懸(さしかけ)、造花の椿(糊こぼし)などを、毎年お持ちくださるのもありがたいことです。

紙衣など



魅力的な内容にしたいと、お持ち帰りいただくお土産も変遷しているのですが、お松明に使った竹で製作したお箸が自慢。

お松明の箸2


本家菊屋さんの「良弁椿」も、この日のためだけに特別に作っていただいているもの。

朗弁椿


昨年、ワタクシのブログを見てご参加の「まつよいぐさ」さんがブログ「待宵草の薄暮日記」で丁寧にリポートしてくださっていますので、参考までに。→


実は、これまでの案内では触れずにおりましたが、サプライズな抽選会も目玉になりつつあるかも。
上野長老の色紙が当たるのですが、当選確率の高さを誇る大サービス。お楽しみに!


クジ

160304くじ



※「お水取り展鑑賞とお松明」の申し込みについて
奈良国立博物館のホームページにも公開され、まもなくお申し込みいただけるようになりますが、ワタクシのほうでは今から(笑)、受け付けたいと思います。お問い合わせやお申し込みは右のメールフォームからどうぞ。

Posted on 2017/01/18 Wed. 19:50 [edit]

category: 奈良国立博物館

TB: 0    CM: 4

18

正倉院展 2016 

10月22日(土)から第68回「正倉院展」が始まりました(11月7日まで)。

2016図録


本日(25日)、朝8時から午後6時まで、博物館でお手伝い。

161025お茶席


例年よりも、入館者が少ないような。。。
今日は雨が降ったり止んだり、時々陽ざしがあったりの妙なお天気でしたが、お茶席ではゆっくりしていただけのではないでしょうか。お入りいただいた皆様、ありがとうございました。

161025ピロティ


「正倉院展」期間中、ピロティにお茶席を設けるようになって、15年。
立ち上げの時から関わっている身としては、感慨深いものがあります。

その始まりの年、「正倉院展」で鈴がたくさん出ていたのが印象深かったのですが、今年は同じものが15年ぶりにお出ましで、ついあれこれ思い起こしてしまいます。


瓜の形、梔子(くちなし)形、杏仁(アンズの種)のような形、雫の形など、鈴さまざま
(↓写真は図録より)

16鈴2

16鈴3

16鈴


※第68回「正倉院展」
詳しくは奈良国立博物館→

開館時間が延長されたのがうれしいですね。
金・土・日・祝日は午後8時まで開館しています(これまでは7時まで)。
(10月22日、23日、28日~30日、11月3日~6日)

平日については、これまで同様、午後6時まで開館。
名品展やミュージアムショップ、レストランの営業時間も同様

Posted on 2016/10/25 Tue. 22:15 [edit]

category: 奈良国立博物館

TB: 0    CM: 0

25