02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

奈良八重桜を愛でる会2016を終えて 

4月23日、「奈良八重桜を愛でる会」(奈良八重桜の会〈上田トクヱ会長〉主催)が終了しました。
今年で16回目(16年!)。とはいえ、長らく、うちうちでひっそり楽しんでおりまして、一般に参加者を募るかたちになって、やっと3年目になります。

1号から会報づくりを担当。ずっとコピー機任せだったのですが、最近は印刷していただけることに。ネットで早い、安い業者があるおかげ。
4面にはイベント当日の案内などを載せるようになりました。

会報15号_1、4ページ

2~3面は昨年度の活動報告と、上田会長のごあいさつ
会報15号_2~3ページ


本番の日は、興福寺境内のナラノヤエザクラにプレートを付ける作業から始まりました。

160423プレート

こんな柵の中にも

160423観賞2

「かぎろひさん、柵を乗り越えたん?」って、数人から、さもありなんという感じで尋ねられましたが・・
なんでやねん!(笑)
ちゃんと許可を得て、しかるべき所から入りましたよ。
(おしとやかなワタクシでゴザイマスのに、な、なぜか誤解されているフシが…)


そうして、いよいよ開幕。岡本彰夫先生の「近世奈良の風情」

160423岡本先生


岡本先生のファン、追っかけさん、の多いことを、受付窓口を担当していて感じました。
東京からも。

ご無沙汰している飲み友Kさんからも、いち早くメールで申し込みがあり、どこで知ってくれたのかなあ、ナラノヤエザクラに興味があるのかなあと思っていたのですが、当日、確認してみると
「かぎろひさんのブログで知って」
「岡本先生の追っかけやねん」
とのこと。ブログを読んでくださっているのはうれしく、今回参加してくれたことにも感謝ながら、どうやら岡本先生だから申し込んだということのようで…、どこかざんねーん。また、参加してね!


講演終了後は、ナラノヤエザクラを愛でながら移動

160423観賞


遠目には目立たないナラノヤエザクラですが、じっと見つめる人だけにその魅力が伝わるかのよう。

160423ナラノヤエザクラ


そうそうこの日の空も、きれいでしたね~

三重塔

160423三重塔


五重塔

160423五重塔


第2部は天平倶楽部で懇親会

160423天平倶楽部


おいしいお食事と(撮り忘れあり)
160423献立


160423食事


生演奏

160423アコーディオン


ご参加の皆様、ほんとうにありがとうございました。

※参加された方のブログなどをご参照ください。

鹿鳴人のつぶやき→
奈良倶楽部通信 PART:Ⅱ→
ぴあののーと・いたりあのーと→
河内太古さんのFace Book→
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/27 Wed. 14:20 [edit]

category: 奈良八重桜

TB: 0    CM: 2

27

奈良八重桜を愛でる会2016 残席わずか 

毎年、ナラノヤエザクラがほころび始める頃に実施している「奈良八重桜を愛でる会」があと数日に迫ってまいりました。

今日はその最終打ち合わせと準備。

160419準備2


今年は、岡本彰夫先生をお迎えしての講演会。「近世奈良の風情」というテーマでお話しいただきます。
たくさんのお申し込みを頂戴し、おかげさまで、定員に達しました。ありがとうございます。

が、会場にはもう少し入ることができるようなので、引き続きお申し込みを受け付けたいと思います。せっかくの貴重なお話、空席があるのはモッタイナイ、でしょう。

日時は下記のとおり。

岡本彰夫氏の講演「近世奈良の風情」
     興福寺境内のナラノヤエザクラ観賞
開催日時:2016年4月23日(土)10:00~12:00
会 場 :興福寺会館
会 費 :1,000円
主 催 :奈良八重桜の会(上田トクヱ会長)
後 援 :奈良県・奈良市・興福寺

お申し込みは
E-mail naranoyaezakuranokai@gmail.com

このブログの右側下、メールフォームからのお申し込みもOKです。
なお、午後の部は締め切りました。


岡本先生のレジュメは8枚(A3)。当日配布させていただきます。
お楽しみに!

160419準備


作業は6時近くまでかかったのですが、その帰り、ちょっと気になって、県庁東の東円堂跡へ。
わ、咲いてる~。

160419奈良八重桜


そのすぐ東側のナラノヤエザクラも、ほころび始めていましたよ。

160419奈良八重桜2


23日はちょうど見頃になりそうですね。

どうぞよろしくお願いします。

Posted on 2016/04/19 Tue. 22:35 [edit]

category: 奈良八重桜

TB: 0    CM: 0

19

岡本彰夫氏講演会「近世奈良の風情」 

「奈良八重桜の会」今春のイベントのご案内です(↓チラシはクリックで大きくなります)。

チラシ2016

開催日時:2016年4月23日(土)
午前の部:10:00~12:00
岡本彰夫氏の講演「近世奈良の風情」
     興福寺境内のナラノヤエザクラ観賞
会 場 :興福寺会館
会 費 :1,000円
定 員 :先着150人

※岡本 彰夫(おかもと あきお)先生プロフィール
昭和29年(1954)奈良県生まれ
昭和52年(1977)國學院大学文学部神道学科卒業後、春日大社に奉職
春日大社では、ことに祭儀の旧儀復興に尽力されました。
平成13年(2001)より平成27年(2015)まで春日大社権宮司。
現在、奈良県立大学客員教授。宇賀志屋文庫庫長。
著書に『大和古物散策』『大和古物漫遊』『大和古物拾遺』(以上ぺりかん社)、
『神様にほめられる生き方』『神様が持たせてくれた弁当箱』(以上幻冬舎)、
『大和のたからもの』(淡交社)があります。

午後の部:13:00~15:00
   「子規の庭」見学、食事・懇親会 
場 所 :日本料理天平倶楽部(奈良市今小路町)
会 費 :3,000円
定 員 :70人
主 催 :奈良八重桜の会(上田トクヱ会長)
後 援 :奈良県・奈良市・興福寺


チラシは、上田会長が東京のまほろば館で講演するのに合わせて(→)1か月も前に作ったのですが、ブログでのご案内が遅くなりました。

チラシのバックに使ったのは、ふと思いついた『大和名所図絵』(江戸時代の寛政3年刊)から。
右上のほうに「東円堂跡」「八重桜」とあるのにご注目くださーい。
現在、県庁東駐車場のところにあるナラノヤエザクラは、まさにこの場所にあたります。東円堂があったと言われています。

東円堂跡ナラノヤエザクラ

名所図会から

この地に、ナラノヤエザクラが植え継がれてきたのだなあと、いつも感慨にふけっている次第です。
やや説明不足になっておりますが、この話題はもう少し整理して、ご報告できればと思います。
岡本先生のお話の中にはこれに関連したことも出てくるかなあと、「奈良八重桜の会」会員としては、ちょっと楽しみにしているところです。


4月23日、まだ席はありますが、「奈良しみんだより」4月号に掲載されたら、一気に埋まる可能性もありますので、興味をおもちの方はお早めにお申し込みくださいませ。

お問い合わせ、お申し込みは
E-mail naranoyaezakuranokai@gmail.com
FAX:0742-36-5292

実はワタクシ、受付窓口を担当しております。
このブログのメールフォームからのお申し込みもOKです。

Posted on 2016/03/27 Sun. 16:04 [edit]

category: 奈良八重桜

TB: 0    CM: 0

27

奈良八重桜に魅せられて 

遅くなりましたが、関東圏在住の皆様へのご案内です。

きたる2/18より3/1まで、東京日本橋の「奈良まほろば館」で「大和地蔵十福霊場巡り&宿フェア」が開催されます。
詳しくは、naraclubさんのブログで→

連携企画として、2月19日(金)には、「旅館・ホテルの女将(おかみ)が語る! 奈良の魅力」

4人の素敵な女将さんたちのお話です。

1.日 時 : 平成28年2月19日(金)14:00~ (1時間半程度)

2.演 題・講 師 :
 ・「なら国際映画祭2016」
   中野 聖子 氏  NPO法人なら国際映画祭実行委員会実行委員長  
    ホテルサンルート奈良 社長

 ・「奈良八重桜に魅せられて」
   上田 トクヱ 氏  奈良八重桜の会 会長
  ピープルズイン花小路 専務

 ・「子規の庭」
 中塚 隆子 氏  子規の庭保存会 理事
          大和高原ボスコヴィラ 社長、天平倶楽部 社長

 ・「福も!鬼も! みーんな集まれ」
 福井 正子 氏  笑の会 会長
  竹林院群芳園 女将
 ※各演題ごとに20分ずつお話しいただき、最後に質疑応答を10分程度行っていただきます。

3.会 場 : 奈良まほろば館2階
4.資料代等: 無料
5.定 員 : 60名(先着順)



いずれも、興味深い内容だと思いますが、ここでは上田さんの「奈良八重桜に魅せられて」について、ちょっとご紹介を。
なにせ、われらが「奈良八重桜の会」会長ですからね。前々からこの日のこともお聞きしておりました。

パワーポイントを使って、ナラノヤエザクラの魅力を語られます。

パワポ

お申し込みは→

今春の「奈良八重桜の会」イベントの案内もさせていただくはず。

開催日時:2016年4月23日(土)
午前の部:10:00~12:00
岡本彰夫氏の講演「近世奈良の風情」
     興福寺境内のナラノヤエザクラ観賞
会 場 :興福寺会館
会 費 :1,000円
定 員 :先着150人

午後の部:13:00~15:00
   「子規の庭」見学、食事・懇親会 
場 所 :日本料理天平倶楽部(奈良市今小路町)
会 費 :3,000円
定 員 :70人
主 催 :奈良八重桜の会


改めてブログでご紹介させていただきますが、ご興味のある方は、予定に入れておいてくださいね~。

お申し込みは下記のアドレスで承ります。
naranoyaezakuranokai@gmail.com


あっそうそう、「奈良八重桜の会」、このほど初めてリーフレットも作ったんですよ。えへへ、ワタクシ担当。

A4サイズを三つ折りにしたものなのですが

1面

奈良八重桜の会リーフレットweb-1

2面、見開き部分には、会の活動の様子を入れて

奈良八重桜の会リーフレットweb_ページ_2


折りたたむと

リーフレット

リーフレット中

見かけたら、よろしくお願いします~

Posted on 2016/02/16 Tue. 08:51 [edit]

category: 奈良八重桜

TB: 0    CM: 0

16

奈良八重桜を愛でる会 盛況裡に終了 

「奈良八重桜の会」(上田トクヱ会長)が発足して15年目を迎えました。

15.4.26ならのやえざくら2

最初の頃は、ナラノヤエザクラがほころびかけた晩春、仲間うちで愛でる会を開き、のんびりゆるゆると過ごしていたのですが、昨年から新たな活動を展開しています。

はい、自分たちだけが楽しむ段階から、一般の方にも参加していただけるイベントにステップアップ!?

昨年は、興福寺を会場に、多川貫首さんの講演、境内のナラノヤエザクラを愛でるイベントを実施、たくさんの方にご参加いただきました。→


今年は4月26日(日)、奈良国立博物館で、湯山館長の講演、やすきひろこさんの語り芝居「奈良の八重桜物語」、庭園の献上桜(ナラノヤエザクラ)観賞、点心・お抹茶も楽しんでいただきましょう、という企画。博物館のご厚意で、特別展・名品展の無料鑑賞付き。

なんて素敵なイベントなんでしょう! と自画自賛、胸を張る内容ではありましたが、当初は不安いっぱい。
集客とお天気がいちばんの心配でした。

15.4.26ナラノヤエザクラ


ワタクシは今年も受付窓口を担当していたのですが、そんな不安はたちまち解消、毎日のように申し込みがあり手応えを感じておりました。
遠慮がちに謳っていた定員150人はすぐに突破、4月12日には満席となり、募集打ち切りという、うれしい悲鳴。

ワタクシの友人もたくさん参加してくれました。
気がついてみれば、人生の途上で出会い、ご縁が続いている友人たち。
幼稚園~小学校~中学校が一緒だったKちゃん。
中学校で出会った丹生姫さん。
大学時代のNさんが金沢から、Fさんが神戸から、Kさんは和歌山県田辺市から。
初めて編集のアルバイトをした会社で出会ったUさん。
「かぎろひ歴史探訪」に参加してくださっているkikkoさん、Nさん。
今や「やまとんくらぶ」(→)の常連さんでもある、ブログご縁のTさん。

積極的に動員をかけたわけではなかったのですが、ブログを見たり、「かぎろひの大和路」の記事を見て参加してくれたのでした。
ありがたいなあと感謝感激。何だか、これまでの人生を振り返らずにはいられませんでした。
高校時代の友人がいないのは、あの頃、ワタクシは灰色だったからだ、きっと(笑)

久しぶりに友人に会えたのに、こちらがスタッフというのはちょっと残念でしたが。
あまり、ゆっくりおしゃべりできなかったのですもの。でも、終了まで待っていてくれた学生時代の3人とは、居酒屋(じゅん平→)で旧交を温めましたよ。写真なしやわ。


あっ、本題からそれましたが、この日のイベントの様子を、ちょっとご紹介しましょう。

博物館講堂で、湯山館長の講演。

15.4.26館長


続いて、やすきひろこ語り芝居「奈良の八重桜~聖武天皇様の心に染まる弥栄の山桜~」

15.4.26語り芝居


庭園へ移動して、ナラノヤエザクラ観賞

15.4.26観賞


思い思いの場所で点心を

15.4.26点心

15.4.26点心2


お抹茶も

15.4.26お抹茶


お茶室八窓庵の本席では、石州流のお点前。窓からちょっと失礼して

15.4.26八窓庵


特別展・名品展鑑賞後、自由解散となりました。

ご参加の皆様、ありがとうございました。
スタッフの皆様、たいへんお疲れさまでした。

15.4.26集合写真


保山耕一さんが撮られた動画の素敵さにくぎづけ。




後日届いたメール

Uさん
奈良八重桜が県花・市花だとは知りませんでした。
今日初めて見ましたが清楚で可愛らしく品のある桜ですね。
おおぶりのぼたん桜を見慣れてるせいか一層魅力的でした。
誇らしい奈良の花ですね。

「語り芝居」ですが演奏が心地良くて、特に竹パーカッションが絶妙な響きで体に沁み入りました。
やすきひろこさんの朗々とした語り口と声のすばらしさ等感動しました。

実は先日偶然にも「大伴家持」の家系図や時代背景や歌について勉強したところでした。
なので今日は一層深みをもって聞く ことができました。
ほんとうに良かった。

点心・呈茶 美味しかったです。
特にお茶、おいしかった。

今日は本当に有難うございました。
お世話係お疲れ様でした。
お疲れ出ませんようにお体大切になさって下さい。 

またお会いできますことを楽しみにしております。


Tさん
「奈良八重桜を愛でる会」で楽しい時間を過ごさせていただき、誠に有り難うございました。
限られた時間の中に、講演、めずらしい語り芝居、八重桜と庭園観賞、さらに特別展拝観と充実したプログラムで大変満喫いたしました。
二回目の参加でしたが、これからは毎年「奈良の八重桜」にお目にかかることを楽しみにしたいと思います。

会長様、かぎろひ様はじめスタッフの皆様には大変お世話になり有り難うございました、感謝申し上げます。

アンケートをお渡しするのを忘れましたので、メールにて一言お礼申し上げます。


準備に時間をとられ(本業にやや支障が出るほど^^;)、休みもとれず、家事はいよいよ手抜き、約束をドタキャンしたりなどなど、めまぐるしい日々ではありましたが、盛況裡に終わり、反響などもあると、単純にもタイヘンだったことは忘れてしまうから不思議。もしかしたら、充実の日々だったのかも、と思えてくるのでした。

Posted on 2015/04/29 Wed. 10:14 [edit]

category: 奈良八重桜

TB: 0    CM: 2

29