fc2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

興福寺の五重塔は4月から見えなくなります 

興福寺五重塔は現在、保存修理工事が行われています。

240126五重塔2

それでもまだ素屋根で覆われていないので、その姿を望むことができますね。

いったいいつから隠れてしまうのでしょうか。

先日、境内を通ったら工事スケジュールを説明する看板が立てられていました。

240126五重塔修理

240126スケジュール

これによると、いよいよこの4月には素屋根が完成するようです。

奈良県のサイトに五重塔修理工事についてのわかりやすい説明があります⇒
塔には鳥の糞が大量に積もっていて、なんと重さは3トンにもなったとか。


保存修理工事の完成は令和13年(2031)。

7年後といっても、結構なトシになっているなあ(笑)
なっちゃんは高校生、あーちゃんは中学生や!

その頃、どうしているのか、はたして生きながらえているのか、わかりませんが、ケセラセラ。今は目の前のことをやるしかありませんよねえ。



とっておきの五重塔の写真をお見せしましょう。もうこんな写真は撮れないはず。

2015五重塔

2015年4月19日、中金堂の再建現場見学の折りに撮ったものです。⇒
スポンサーサイト



Posted on 2024/02/01 Thu. 16:58 [edit]

category: 大和の寺社

TB: 0    CM: 0

01

初詣は呉津彦神社 

昨日、このブログで、雄略天皇の14年に、呉人を住まわせた呉原が、現在の栗原だと書いたが、呉人というのは、手末たなすえの才伎てひと・漢織あやはとり・呉織くれはとり及び衣縫きぬぬひの兄媛えひめ・弟媛おとひめら縫製関係の技術集団。

 「呉服」なる言葉もここからきているという。

とすると、明日香村栗原こそが、日本の縫製の始まりの地、と言えそうだ。

栗原の、小高い丘に鎮座する呉津彦神社

240106呉津彦神社


「延喜式神名帳」の「呉津孫神社」に比定されるというが、扁額は「呉津彦」だった。

240106呉津彦神社2


この日、集落にも神社にも人影はなかったが、あつくおまつりされているのが感じられた。

240106呉津彦神社3

240106呉津彦神社4



境内のムクロジの木は、古い歴史を抱くこの集落にふさわしい大きさで立っていた。

240106ムクロジ


呉津彦神社が、ワタクシの令和6年初詣となったのだった。


Posted on 2024/01/09 Tue. 21:24 [edit]

category: 大和の寺社

TB: 0    CM: 0

09

戒壇堂のセンダン2023 

東大寺戒壇院戒壇堂は現在、保存修理と耐震化の工事中。でなければ、先日の「かぎろひ歴史探訪」では、こちらにも立ち寄ったと思います。塑像四天王像ははずせませんからね。その四天王さんは現在、東大寺ミュージアムで拝観できるので、ありがたい限りです。

個人的には、四天王像もそうやけど、以前、法華堂におはしました日光・月光さんも、奈良へ来て以来のファンなので、もう東大寺ミュージアムさまさまです。

戒壇堂はこの秋には工事も終わり公開されるようですから、四天王さんも戻られるのでしょうね。
明るいミュージアムで後ろからも拝めるのはラッキーですが、やはり、お堂の中がいいですよね。

まあそういうわけで、歴史探訪では戒壇堂まで行きませんでしたが、実はセンダンの花が咲き誇っていました。

5月20日、「薪御能」が始まるまでの空き時間に、戒壇堂を訪ねてみました。

230520戒壇堂

工事中につき、人の姿もありませんでしたが、

230520戒壇堂2

230520センダン


遠目には薄紫色の霞がふわっとかかっているような感じですが

230520センダン2


近づいてみると、と言っても、高木の上のほうに花をつけているので、目の前でしげしげと見ることはできないのですが、望遠で

230520センダン3



以前、一眼で撮った写真

20150520センダン
↑2015.5.20撮影。8年前の同じ日!

この時のブログを確認してみると⇒

真ん中にある紫色の突起は雄しべが10本集まったもの。その中に雌しべがあるのだとか。へえぇ(笑)


Posted on 2023/05/27 Sat. 12:36 [edit]

category: 大和の寺社

TB: 0    CM: 0

27

大仏池 5月 

5月12日、「かぎろひ歴史探訪」の下見歩きは、新緑とさわやかな風のなか。
季節があることのシアワセをかみしめるひとときでもありました。

大仏殿の鴟尾を望む定番風景ですが

230512大仏池

↑天女様がふわっと舞い降りてきたような


奈良公園の各所で、新緑のエネルギーをいただきましたー

230512飛火野大楠
↑飛火野


230512春日野園地大楠
↑春日野園地


230512講堂跡
↑講堂跡


Posted on 2023/05/14 Sun. 08:08 [edit]

category: 大和の寺社

TB: 0    CM: 0

14

おたいまつ 7本目 2023.3.6 

おはようございます。

3月6日は、ムコドノが奉納させていただいたおたいまつが上がる日。

230306おたいまつ待機


これはしっかり拝観してこなくては!
なっちゃんとあーちゃんのおたいまつデビューの日にもなった。

230306二月堂


写真は難しい。やっぱりうまく撮れていなかったー

230336おたいまつ

230306おたいまつ4


230336おたいまつ2

230336おたいまつ3

iPhoneすごい

230306iphon.jpg
↑娘の写真


おっと、時間や。
これから、御所、香芝方面へ。
遅れっぱなしの『かぎろひの大和路』の、できる限りの取材をしてくるつもり。

行ってきまーす。

Posted on 2023/03/07 Tue. 07:41 [edit]

category: 大和の寺社

TB: 0    CM: 0

07