FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

春日山原始林を歩く 

11月16日、学生時代の同級生3人、奈良へ行くから案内せよとの指令。
その中には、山友、飲み友として親交密なFukさんがいるので、ちょっと相談をかけてみたら「春日山原始林」に行ってみたいとのこと。

まあ、Fukさんの健脚は知り過ぎているものの(笑)、他の2人がどうかわからない。
「滝坂の道」は石畳だし、山道も歩くので、ハイキングシューズを履いてきて、お弁当持参で、とメールしたところ、2人とも了解、楽しみ、という返事だったので、これは大丈夫でしょうと判断、決定したのでした。

みんな初めてだというので、簡単ながら、一応、資料も作りまして

春日山原始林ハイキング-1

↑奈良市が出しているマップを付け

春日山原始林の全体地図も奈良市観光協会のサイトからダウンロードしてコピー配布(クリックで拡大)

春日山原始林マップ

↑なかなかわかりやすいですよ。ダウンロードはこちらから⇒

春日山原始林が目的でも道中を楽しまなきゃね。
最初から歩かせる気まんまん(笑)。集合地の近鉄奈良駅からハイキング。
落慶したばかりの興福寺中金堂⇒奈良国立博物館⇒春日大社⇒ささやきの小径を抜けて高畑へ。
「滝坂の道」が通行止になっているとは思いもよらず、ショックでしたが⇒

気を取り直して春日山遊歩道で。期待した紅葉もちょっと早いかなあという感じでしたが、のんびりおしゃべりしながら

181116春日山遊歩道

181116紅葉



遊歩道から、首切り地蔵の所へは通行可能でホッ。

181116首切り地蔵へ

唯一のトイレがあるので、ここで休憩、お弁当を食べる予定だったのです。

首切り地蔵さんの前は、落葉のじゅうたん。ワーッ。

181116落ち葉


地獄谷石窟仏へ

181116地獄谷紅葉


お山はかなり荒れていましたが、行くことはできました。

181116地獄谷石窟仏2

181116地獄谷石窟仏


春日山石窟仏

181116春日山石窟仏

181116穴仏


このあとは、若草山までぶらぶら

181116奥山ドライブウェイ

1811163人


若草山を下って(この景色も見せたかった~)

181116若草山2


打ち上げは「じゅん平」で

181116じゅん平

↑写真はこれだけ^^;

結局、全行程を歩きとおし、携帯の歩行距離を確認して
Nさん「20km」
Eさん「17.5km」

そ、そんなに歩いてないでしょう、とFukさんとワタクシ。
帰ってから地図を見て確認したら、どうやら17~18km歩いたもよう!?
お疲れさまでした。

すっかり奈良を気に入ってもらえたようで、うれしい限り。

来春あたり、別コースをハイキングしましょう、他のクラスメートも誘って、という話になったのでした。


スポンサーサイト



Posted on 2018/11/18 Sun. 21:43 [edit]

category: ハイキング

TB: 0    CM: 0

18

壷坂道・畑屋越え 

9月23日、大淀町主催(高取町協賛)のフリーハイキング(8km)に参加しました。
題して「国学者 本居宣長の足跡をたどって~幻の古道❝壷坂道・畑屋越え❞~」

最初、このイベントを「県民だより奈良」で見つけて興味をそそられまして。
それから、高取町在住の大和の和尚さんからも案内をいただき、コースの設定や道の整備に関わられたことをお聞きしました。

友人たちにも声をかけようと思っていたのですが…
立山へ行くことになり、帰るのが前夜(22日)。絶対に参加できるという自信がありません。自分が行かないかもしれないのに誘うわけにはいきませんよね。
もうひとつ、この日23日の夕方から、家族がワタクシの誕生日会を開いてくれることになりまして。そうなると、ハイキングの後、打ち上げ反省会でけへんやん(笑)。

などなどありまして、結局、立山行きは雨で流れ、1人で参加することになったのでした。

コース
壺阪山駅⇒土佐街道⇒壷阪寺⇒壷坂道・畑屋越え⇒畑屋老人憩いの家⇒天水分神社⇒道の駅吉野路大淀iセンター⇒(バス)⇒壺阪山駅


江戸時代の明和9年(1772)3月5日から14日までの10日間、本居宣長は吉野山~飛鳥を旅したことが『菅笠すががさ日記』(⇒ 本居宣長記念館のサイトより)に書かれています。このとき、宣長さんは43歳。
その行程中の、壷坂道・畑屋越えを歩こうという企画なのでした。
宣長さんは6日目にこのあたりを歩いています。⇒


土佐街道のしっとりした風情を楽しみ

180923土佐街道


旧道へ入る手前の「鷹鞭橋(たかむちばし)」からの景色。わー、二上山~

180923二上山



壷阪寺へ

180923壷阪寺へ


せせらぎに沿う、ひんやりとした気持ちのいい道でした。

180923壺阪へ3

180923壺阪へ


壷阪寺に着いてきゅうけーい。またこの景色を見られたことがうれしくて。

180923壺阪から


いよいよ、畑屋越えの道に入ります。
結構勾配のある細い山道でした。

180923畑屋越え

180923古道

台風や長雨の影響もあったと思われます。足元に注意をはらいながらの山歩きでしたが、なんだか、わくわく! 
宣長さんと一緒に歩いているのを夢想しながら(逆行ですけどね)、むふふ。楽しい山歩きでした。


古道が尽きて

180923古道終了

世界は一転、明るい陽ざしの現実に舞い戻ると


彼岸花が迎えてくれました。

180923彼岸花2

180923彼岸花


受付でいただいたルートマップ(クリックで拡大)

180923ルートマップ
180923ルートマップ2


コース中のポイント

お里沢市さんのお墓のある信楽寺(しんぎょうじ)

180923お里沢市の墓


宮本延寿堂の工場。木造のエレベーターがあるとか(非公開)。

180923近代化遺産宮本延寿堂


畑屋老人憩の家では、お茶のサービスやお土産など、厚いおもてなしを受けましたm(__)m

180923畑屋老人憩いの家


天水分神社へ続くなが~い石段

180923天水分神社


ゴールの「道の駅吉野路大淀iセンター」に着いたのは12時半頃だったでしょうか。
踏破証

180923踏破証

お昼を食べ、娘らにお土産を求めて、1時間ほどをゆっくり過ごし、シャトルバスで壷坂山駅へ。

180923よどりバス

↑20分ごとにピストン運転してくださり、それも無料。
至れり尽くせりのイベントでした。

夕方からの誕生日会までに「帰ってこられるのか」と家族はやきもき。
「3時頃には戻れるカナ」とテキトーに答えて家を出たのですが、帰宅して時計を見たら、3時5分!
急いだわけでもなかったので、ちょっとうれしかったなー。やるやん、かぎろひ(笑)

大和の和尚さんからいろいろ情報をゲットしました。
参加者は430人。

山越えの古道については、数年前から踏査、整備を続けてこられたそうです。
近隣の地権者への整備の了解を得たり、国有林については入林許可を得ての草刈り・倒木撤去・路面の改修・土嚢積み・仮設安全ロープの設置などなど。
大淀町の職員さんや、大和の和尚さんたちボランティアの皆さんのおかげで、今回のハイキングが実現したのですね!

大事にしたい道だと思います。
が、今のところはどうやら、許可を得ないで勝手にこの道を通るのはいかんようで。
来年もまた歩きたいなあ。

ほんとうにありがとうございました。

180923空

Posted on 2018/09/25 Tue. 13:11 [edit]

category: ハイキング

TB: 0    CM: 2

25

猛暑の山の辺の道 

7月23日、三輪方面へ。
所用を終えて、大神神社へおまいり。

180723三輪明神

180723三輪明神2


大美和の杜展望台も外せないポイント

180723大美和の杜
↑クリックで拡大


狭井神社

180723狭井神社


境内はとても涼しく、やさしい風が吹いて、薬水もいただき、元気になった感じ。
突然、このまま山の辺の道を歩こうと思い立ちまして。いやぁ、最近、とんと歩いてませんし、下旬には山歩きの予定もあるので、ちょっとペースを取り戻さないとね、というココロ。


でもまあ、この暑さなので、急がず、ゆっくりと。木陰で涼をとったりしながら。

180723木陰


季節を変えると、新しい発見があるものですね。

180723蓮

180723蓮2


桧原神社へ

180723桧原神社へ


桧原神社

180723桧原神社


桧原神社を出てすぐのあたりまでは快適だったのですが

180723桧原神社から


その後、舗装道路が続き、息苦しくなるほどの暑さが!
これはいかん。もうこれ以上歩く気が失せて、北に景行天皇陵を見ながら、巻向駅へ下ったのでした。

180723景行天皇陵


180723巻向駅

ふう。

Posted on 2018/07/23 Mon. 21:44 [edit]

category: ハイキング

TB: 0    CM: 4

23

深野の里 

4月30日、念願の深野(宇陀市室生)へハイキングしたご報告など。

あれからもう半月以上も経ってしまい、順を追っての紹介はできませんが、詳しくは同行の方のブログをご覧ください。
PANDORAさん⇒
なむさいじょうさん⇒


昨年11月に「かぎろひ歴史探訪」で三本松から室生口大野まで歩きました。(⇒)
本番では行かなかったのですが、下見で「青葉の滝」へ足を伸ばした時

180430青葉の滝

とても気になる標識を見つけまして

180430深野へ3

こんな山道を登っていった所にある「深野」って、どんなとこやろ~。天空の里ではないかしら~。
未知の地へ、憧れにも似た想像がどんどん広がるばかり。

かぎろひ歴史探訪(三本松編)を終えて、報告ブログを書いたところ、なむさいじょうさんからコメントが入りました。
あ~、今回は行きたかった。残念でした。
以前からお参りに行きたいと思っていた安産寺ですが、
いつお参りができるのかよく分からなかったので、
とてもありがたい情報をいただきました。
ありがとうございます。


ワタクシ、これ幸いと、したたかにお返事
すばらしいお地蔵様でした。
実は歴史探訪本番ではカットしましたが、下見の時、青葉の滝へ行ってみたところ、そこから深野までの道標があるのを確認。深野は「にほんの里100選」にも選ばれている土地だそうで美しい棚田や集落があるとか。
が、かなりの山道そうで1人ではコワイ^^; かぎろひ歴史探訪向きでもないんですよね。
興味のありそうな人を誘おうかと思っているのですが、新緑の頃、ハイキングはいかが? もちろん安産寺拝観と合わせて。その場合は拝観願い、こちらでやります(笑)


安産寺さんは事前に拝観願いをしておかなくてはなりません。それはこちらでやるから、深野ハイキングをつきあえ、ってな交換条件を出したというわけで^^;

年が明けて、4月下旬から5月にかけて歩きましょうということに決まったのでした。言うてみるもんやね(笑)
そうして、山友達のPANDORAさん、Fさんという同行者にも恵まれたのでした。

深野は想像どおり、とても清々しい素敵な所でした。

180430深野

180430深野2


180430深野4

180430にほんのさと



もともと、ハイキングコースを綿密に計画していたわけではなかったのですが、いやいや、それだからこそと言えるのでしょうか、4人ぐらいのグループだと興味のわくほうになんとでもなるもので^^;

陽も高いことだし、笠間峠のほうへ歩いてみようよということになりまして

180430笠間峠


旧道を下ったら、なんとこれが

180430松明調進の道

↑東大寺二月堂お水取り松明調進の道!

3月の「お水取り展鑑賞とお松明」イベント(⇒)で観た、保山耕一さんの映像「伊賀一の井松明調進行事」も記憶に新しく、感動しながら歩いたのでした。


180430松明調進の道2


180430黒田坂


ここから、赤目口駅まではすぐだったのですが、まだ2時頃ということもあり、宇陀川沿いに、三本松駅までハイキング。
もちろん、青葉の滝にも立ち寄りまして。
いやぁ、よく歩いた、歩いた。Fさんの携帯記録では20kmだったとか。PANDORAさんの「YAMAP」が大活躍でした。

えー、ほんまに大丈夫なん? これが道? というような道も^^;
冒険心もくすぐられたハイキングでした(笑)

180430山道


いたるところで山藤に歓声をあげ

180430山藤


田園と電車にテンションを上げ

180430電車


緑に癒された1日となりました。

180430緑


安産寺のお地蔵様に再会できたのもうれしかった~180430安産寺


遅くなりましたが、皆様、ありがとうございました。

Posted on 2018/05/15 Tue. 19:34 [edit]

category: ハイキング

TB: 0    CM: 4

15

大和三山ハイキング 

年末から三が日、引きこもりのうえ、飲み過ぎ食べ過ぎ^^;

歩きたくて、歩きたくて!
行ってみたい所はあったのですが、どうせ歩くのならやっぱり、「かぎろひの大和路」次号のテーマ地でしょう。なにか新しい発見があるかもしれないしね。
ということで、大和三山をめぐるひとりハイキング。

橿原神宮前駅9時半頃にスタートしたのですが、仕事魂が燃えてウロウロ、最終ポイントの耳成山頂に着いたのは4時。
つぶさに書くと、1日かかりそうだし(笑)、写真もいっぱい撮ったのですが厳選して^^;、ざっとご報告しまーす。


コース
近鉄橿原神宮前駅⇒橿原神宮⇒東大谷日女命神社⇒畝傍山頂⇒畝火山口神社⇒天神社⇒慈明禅寺⇒スイセン塚古墳⇒山本大師堂⇒神武天皇陵⇒畝傍御陵前駅⇒本薬師寺跡⇒地蔵堂⇒紀寺跡⇒法然寺⇒ミルク工房飛鳥⇒天岩戸神社⇒香久山頂⇒天香山神社⇒藤原宮跡⇒醍醐池⇒耳成山口神社⇒耳成山頂⇒近鉄八木駅(約15kmか)


畝傍山中腹から二上山

180104畝傍山から二上山


畝傍山頂から金剛葛城

180104畝傍山から金剛葛城


畝傍山頂から耳成山

180104畝傍山から耳成山


本薬師寺跡から畝傍山

180104本薬師寺


何も食べずに出発したので、香久山麓の「ミルク工房飛鳥」でエネルギーチャージ。

180104トーストセット



香久山頂から畝傍山、二上山

180104香久山山頂から


藤原宮跡から耳成山

180104藤原宮跡から耳成山


藤原宮跡から香久山

180104藤原宮跡から香久山


三輪山が美しい

180104三輪山


ようやく耳成山が目の前に

180104耳成山


途中、楽しい出会いもありましたよ。

畝火山口神社近くで、地元の方しか知らないであろう、素敵な道を教えてくださったおじさまが、西の山並みを指して

180104天神社への道から

↑観音様が上向きに寝てはるお姿に見えるやろ。金剛山が頭、二上山は足やな。


香久山頂でちょっと遅い昼食をとられていた男性。
麓に住んで、二上山には週2回ほど登っていて、雌岳からいつも眺めている大和三山めぐりを一度やってみたくて、とのこと。
ワタクシと同様、畝傍山から香久山を目ざされたようでした。お先に山をおりたのはワタクシ。「では後ほど」とご挨拶して失礼したのですが、耳成山ではお会いしませんでしたね。ワタクシのほうが遅かったカナ。

畝傍山頂でも地元の女性とおしゃべりしましたよ。
元日に登ったら、山頂にはたくさんの人がいらっしゃったとのこと。
こんなお山が近くにあればいいなぁ。


帰りは近鉄八木駅16時41分発西大寺行きで。大和郡山駅手前で落日

180104落日



Posted on 2018/01/05 Fri. 12:49 [edit]

category: ハイキング

TB: 0    CM: 0

05