FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

引っ越しました 

6月1日、無事に引っ越しました!

家の中はひっくりかえっていますが、まあゆっくり整えていきましょう、っと。

それよりもまずは、インターネット(笑)。
これまでのKCNさんで引き続きお世話になりたかったのですが、集合住宅がその環境にないだけではなく、エリアからの工事になるので3か月を要するということで断念しました。久しぶりにNTTさんとの契約です。ただ、KCNのメールアドレスは残せるプランもあったのでそれを選択しました。

メールアドレスもホームページアドレスもそのままです。

以前は2回線もっていたのですが、FAXの需要がなくなってきたので、1つにしました。
電話番号は変わりません。

以前の契約はKCNとKDDIだったので、いろいろ心配しましたが、住所以外は変えずに済みホッとしています。
電話会社同士の横のつながりにも驚きました。残したいほうの電話番号はKDDIとの契約だったのですが、NTT側でうまくやってくれたのでした。

でも、WiFiがなかなかスムーズにいかず、結構時間がかかってしまいました。表示される「制限」ってなんやねん! とひとりブツブツ言いながら、これだけは今日中に終えないとと、なんか必死で^^;

インターネット開通~

200602ネット


それにしても、引っ越しってタイヘンですね。
若い頃は引っ越し好きで、身軽に転々としたものですが、30年となると重すぎ(笑)。

でも、だいぶ身軽になったので、残りの人生も楽しみたいものです。

どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト



Posted on 2020/06/02 Tue. 22:35 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

02

オンライン 最後の晩餐会 

関東在住の娘はついに帰ることが叶わないまま引っ越すことになった。
引っ越しを3日後に控えた5月29日、オンラインによる最後の夕食会。

今回は夫も参加。
献立(料理もメニューも夫)

200529献立
↑浸しって字、ちがってるんじゃ、冷や奴でええのとちゃうん、とツッコミながら(笑)


お鍋や食器などのほとんどはすでに新居へ運んでしまっている状態のなか

200529食卓


実は、上の娘のダンナも料理上手。
おいしそうなものが並んでいて(写真送ってー笑)


6時過ぎから11時頃まで、おしゃべりして飲んでいたのだった^^;

200529スマホ


子どもの食事を作るだけでいっぱいの下の娘は
↓オンライン前

200529ライン


ところで、この日のお酒はいただいたばかりの「豊祝」大吟醸

200529お酒



Kさん、ありがとうございました。

Posted on 2020/05/31 Sun. 06:00 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

31

信貴山から平隆寺へ 報告 

5月28日(木)、「かぎろひ歴史探訪」第14期も7回目(残り1回)。
久しぶりに懐かしいお仲間にお会いすることができました。


コース
近鉄生駒線信貴山下駅⇒(バス)⇒信貴山⇒千体地蔵⇒仁王門⇒猪上神社⇒成福院(石室十三仏)⇒舞台造り本堂⇒大日如来多宝塔⇒千手院(十三重石塔)⇒行者堂⇒休憩所(昼食、講座)⇒山内自由参拝⇒休憩所集合⇒ケーブル廃線跡⇒平隆寺⇒近鉄生駒線勢野北口


バス停「信貴山」をスタート

200528信貴山出発


薫風のなか参道を

200528信貴山


200528猪上神社
↑猪上神社


200528信貴山2


200528大寅


本堂

200528本堂2


行者堂へ

200528行者堂へ


昼食、講座の後は自由参拝としていましたが、大多数の人が信貴山城址へ。

200528信貴山城址へ

200508信貴山城址
↑全員揃わないうちに撮ってしまってごめんなさいm(__)m


空鉢護法堂からの眺めに見入りました!

200528信貴山上から


下山はケーブル跡を通り

200528ケーブル線跡


平隆寺へ

200528平隆寺

200528平隆寺2


今回は結構アップダウンのあるコースでしたが全員、元気に歩くことができました。


朝護孫子寺本堂で記念撮影

200528記念撮影

参加者24人
スタッフ2人

初参加の方がお2人。
そして、お仕事帰りに平隆寺まで足を伸ばしてくださった常連メンバーのYさんにもビックリ。思いがけないことで一瞬、ご住職かと…(笑)

皆様、ありがとうございました。


次回は6月11日(木)、今期の最終回となります。
コースは下見の後、ご案内します。

Posted on 2020/05/30 Sat. 06:20 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

30

30年前、佐保川小学校あたり 

引っ越しを間近に控え、名残惜しいというよりは、心機一転、うれしい気持ちのほうが大きい。

が、ひとつ、別れがたいのが窓からの風景。
毎日のように楽しませてもらった。
ひきこもって、ひとり、机に向かって編集作業が続くときも、窓に目をやると癒された。外へ出なくても、風や空気を感じることができた。


5月、勢いづく緑のエネルギーを、わが身にも注入

200523窓から風


この日は風が強くて動画を撮った。静止画にして1枚

2005風


春にはいながらにして桜を愛で

201704092133071fc窓から桜


秋は桜紅葉

201711032052117窓から


そうして、思い出した。
引っ越してきた30年前には、この光景はなかったのだった。
まだ田んぼが残っていて(今は皆無)、カエルの合唱が聞こえていた。

そんなのどかさはよかったとしても、近くに公園はなくて、不法駐車(って言っていいのかな、無料駐車場状態)。そう、場末的な危うさもないことはない地域だったと思う。

佐保川小学校の建設にともなって、次第に川の周辺も整えられてきたのだった。

約30年前、北側の窓から撮った写真が見つかった。

2005佐保川小学校建設の頃2

↑佐保川小学校建設中。平成3年の開校。
平成2年、引っ越してすぐに撮ったものか。
手前、車が並んでいる所は今、公園に。桜の幼木が見える。30年経つと、樹木はこんなにも大きくなるのね。
今は、ここ3階からの目線よりも高い!


30年…、我々もまちがいなく老いた。

が、新しい土地での暮らしも楽しみである。



Posted on 2020/05/27 Wed. 17:45 [edit]

category: 佐保川

TB: 0    CM: 0

27

6才の別れ 

30年住んだ家を去るまで、あと少し。
ほんとうは、娘らも帰ってきて、お別れパーティなどをするはずだったのだが…。

5月23日、下の娘が子どもらを連れてやってきた。お正月以来である。
最後の晩餐を楽しもう。早めのお開きを想定して3時からスタートしたのに、あっという間に夜となり、泊まることになろうとは。

翌日、朝ご飯を済ませた後、さあ帰ろうという時になって

20050523帰り


なっちゃんが、大粒の涙をポトリ。「帰りたくない!」

少し見送り、

200523帰り2

納得したかと思っていたら、別れ際に大泣き。
で、夕方まで、なっちゃんだけがとどまることになった。

普段にはないことで、どうやら、これが「家」とのお別れというところに涙の原因があったと思われる。玄関を出るとき、「たてもの、バイバイ」と言っていた。

おそらく、娘がなっちゃんに、さんざん話していたのだろう。
娘(なっちゃん・あーちゃんママ)が、ワタクシのおなかにいる時に住み始めたのだから、思い出がいっぱいつまっている。
なっちゃんは、ママの思いをひしと受け止めていたのではないだろうか。

なっちゃん自身も、幼児の頃からよく来て、1人で泊まったりしていた。


ブログを振り返ってみると、

公園で、1歳6か月⇒
お手玉、2歳2か月⇒
公園で、2歳5か月⇒

1人で2日間いたこともある!⇒


そうそう、2年前、妹(あーちゃん)が生まれるときも、この家でしばらく滞在していたのだったよ。⇒


あーちゃんは1度も預かったことがないし、おそらく無理だと思うのだ。

上の子って、それなりに、親の思いをくみとって、我慢を強いられているのかもしれない。


ちょうど、引っ越し整理中に、↓こんなものが見つかった。表彰状(笑)

200524表彰状

ワタクシが下の子を出産するとき、上の娘(4歳)はワタクシの実家で、1か月(?)ほども過ごしたのだった。
その間、むずかることも泣くこともなく、田舎の暮らしに溶けこみ、おりこうさんだったので、父が表彰状を書かずにいられなかったというシロモノ。

後で聞くと、それなりに我慢していたらしい。
そして後年、たった1つの表彰状やと、やや自嘲気味に話して笑いをとっていたよね(笑)。

そんなことも思い出しつつ、6歳の感受性に、思いを馳せたばーさんだった。

この日、1人とどまった、なっちゃんは、なつかしい公園に行こうと言いだして、

ブランコをこぎまくり(ばーさん、はらはら^^;)

200524ブランコ


砂場で遊び

200524砂場


シーソーや、動物の形をした遊具に上り

200524耳
↑2人で、ウサギさんの耳に座っているところ


200524公園

なんだか、名残を惜しんでいるような、なっちゃん。

なつかしいものたちに、おわかれができたようで、もう涙を見せることもなく、さっぱりとして帰ったのだった。

なっちゃんは昨日(5月25日)、7歳になった。
産まれたとき⇒

そして、今日から学校が始まる! 楽しいことがいっぱいありますように。

Posted on 2020/05/26 Tue. 07:06 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

26