05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

奈良県での地震 

6月18日の朝7時58分頃、大阪北部を震源とする強い地震が起こりました。
被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。そしてなんとも痛ましい、亡くなられた5人の方のご冥福をお祈りしたいと思います。


朝食の片付けも終わったとき、突然の激しい揺れ。
地震が起こったら机の下が安全かなといつも考えていたのに、その場から動けず…
ああついに、南海トラフがきたか、住宅が壊れるかも、などと考えながら、中腰になってふんばっていたような。
夫は本棚に囲まれる部屋におりましたので、頭の中では心配しましたが、声もでない…
揺れの割には、本1冊も落ちなかったのですが。

たくさんの方からメールを頂戴し、ご心配をおかけしました。どうもありがとうございます。


実はこの日、夕方から会議と懇親会の予定が入っておりました。
地震の後すぐに「今日はあるの? 電車動いてないけど」という電話をよこした人もいましたが、ほとんどが奈良の人だし、電車も午後には動くでしょう、お料理を注文してあるのに、ドタキャンできるわけがありません。

ただ、大阪府枚方(ひらかた)在住のHさんが心配だったので連絡してみたら、大丈夫とのことでホッ。でも奈良まで来るのは無理かなあと思っていたところ、動き出した電車にすぐ乗られ、4時からの会議に間に合ったのでした。

かと思うと、大和郡山からのKさんが、西大寺でかなりの足止めをくって遅れたり。

桜井のKさんが来られない、携帯もご自宅にもつながらない。普通、遅れる場合は一報を入れますよね。それがないからさらに心配がつのりまして。なにかあった?
と思っていたら、6時前に現れて「会議のことを忘れていた」ですって。ふう。

ドタキャンのTさん、誠実なお人柄なのに連絡がなかったことを気にしていたら、翌日電話がかかりまして、丁重に謝られました。まさに、震源地近くにお住まいの方で、気が動転して連絡を忘れていたとのこと。ご家族皆さんはご無事だったものの、家中が散乱しているというお話でした。


前置きが長くなりましたが、今回の地震による奈良県内の寺社、文化財などの被害について、情報を拾ってみました。

●東大寺の戒壇院戒壇堂(奈良市)
国宝四天王立像の一体、多聞天立像が右手に持つ木製の「宝塔」が落下。宝塔自体に損傷はないとのこと。

12.4戒壇堂
↑戒壇堂(2012.4撮影)


●薬師寺の東院堂(奈良市)
北側と南側の壁で、複数の場所にわたって壁のしっくいが浮き上がってひびが入った。最大でおよそ30センチ四方。また壁と柱との間に隙間ができている部分もあるとのこと。


●県立橿原考古学研究所附属博物館(橿原市)
特別展示室の天井のパネルが落下。纒向遺跡(桜井市)出土の水鳥形の木製品が4つに割れた。破損部は接合される見通し。

180620橿原考古学研究所附属博物館
↑橿原考古学研究所附属博物館(2017.11撮影)


●達磨寺(北葛城郡王寺町)
重要文化財指定の石塔から宝珠が落下、宝塔に傷がついた。

1806達磨寺
↑達磨寺(2016.3撮影)

奈良は比較的、災害は少ないように思われますが、過去には、大仏様の頭部が落下したことも。
平安時代の斉衡さいこう2年(855)の大地震⇒

嘉永7年(1854)の伊賀上野地震はM7.3、奈良県にも大きな被害をもたらしています。

奈良県発行の「歴史から学ぶ 奈良の災害史」、HPからダウンロードできます。⇒

政府の地震調査研究推進本部事務局(⇒)のサイトから奈良県の地震の特徴⇒

奈良県の地震災害⇒奈良地方気象台
スポンサーサイト

Posted on 2018/06/20 Wed. 21:38 [edit]

category: 大和の寺社

TB: 0    CM: 0

20

磐之媛陵の睡蓮 

平城宮東院地区で、火を使って調理したとみられる台所の遺構が見つかり、6月16日、その現地説明会が行われました。

180616平城宮跡

ここへ来ると、視線は遺構↓よりも空↑ (笑)
上を向いてぼんやりしていたような…^^;
ご報告は後日ということで。


終了後、すぐ帰る気にならず

180616平城宮跡2


サイクリング~♪


水上池畔を走って

180616水上池


磐之媛陵へ

180616磐之媛陵


睡蓮がひっそり見頃を迎えていました。

180616水蓮3

180616水蓮

180616水蓮4

Posted on 2018/06/17 Sun. 21:23 [edit]

category: 奈良市

TB: 0    CM: 0

17

明神山へ 

ここ2~3日、片づけものやデスクワークで屋内作業三昧。
突然、ああ、どこかへ歩きに出たい! 山へ行きたい! という思いがこみあげる。

しかーし、若草山のほかに、一人でも安心な山ってあるのか…
あっ「明神山みょうじんやま」(273.6m)!

以前、山の麓に住んでいらっしゃる方が、散歩がてらにすぐ行ける、見晴らしバツグンとおっしゃっていたのを思い出した。
というわけで、6月14日、お天気も良いことだし、飛び出す。下調べもせず「なんとかなるやろ」

JR和歌山線畠田(はたけだ)駅から、いくつかのポイントを経由してお山へ向かった。
尼寺廃寺(にんじはいじ)跡

180614尼寺廃寺跡


白山姫神社

180614白山姫神社


尼寺厨(にんじくりや)神社

180614尼寺厨神社


永福寺

180614永福寺


いよいよお山へ

180614明神山へ鳥居

登山という雰囲気は全くなし。
住宅街を抜け(これが結構な勾配)

180614住宅街


山頂まで続く舗装道路

180614明神山へ


山歩き気分はないけれど、だからこその安心感!

低山なのに、山頂の展望デッキから見る360度のパノラマは、想像以上にすばらしくて。

すぐそこに信貴生駒

180614信貴生駒


二上山の山容、葛城・金剛の重なりがメズラシイ、オモシロイ。

180614二上山



古市古墳群、あべのハルカスにも目が届き

180614古市古墳群

明石海峡大橋も見えた!


大和三山どころか

180614大和三山



宇陀の山々もはっきり

180614高見山

180614宇陀の山々

↑わー、登った山々が! この4月に縦走した住塚山、国見山(⇒)も見えて、うれしくなる、なる~♪

山頂でお会いした方によると、この日はちょっと視界がよくない、とのこと。
また来ようっと。今度は誰かを誘うおうかな。この景色見せたーい。

帰りは、違うルートを…、きっとあるはず、と思い、河内堅上のほうへ行けそうな道を辿りかけたのだけれど

180614下山

道標がどこにもなくて、万が一のことを考えると

180614マムシ

引き返さずにはいられなかった~^^;
出会ったおじさま、下山途中に、イノシシのたまり場? に遭遇して引き返したとか。
ふうよかった。ワタクシにしては賢明だったよね。

そして中腹の「明神4丁目」から王寺駅行きのバスに乗車。
あっという間に駅に着いたので、今度は行きにこれを利用するのも一手やな。

Posted on 2018/06/15 Fri. 19:14 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

15

大和郡山を走る「かぎろひ」 

こんな写真をいただきました!

かぎろひ

以前、試乗させていただいたことはあるのですが⇒

普段見かけることはめったにありませんよね。

それが、大和郡山城跡のしだれ桜と「かぎろひ」とのコラボでしょう。
長時間ねばってこその1枚にちがいありません。

撮影者は、かぎろひ歴史探訪仲間で、いまや飲み友でもあるYさん。

ありがとうございました。
大事にしまーす。

Yさんは今年も鉄道写真展を開催されました。
5月30日~6月10日まで、音響珈琲「長楽庵」で。
「~トラムの世界~ニュージーランド、ドイツの町から」
トップの写真は、この写真展へ行ったときにプレゼントされたのでした。
終わってからのご紹介ですみませんm(__)m

180608音響

180608トラム

※長楽庵⇒

※クラブツーリズム専用車両「かぎろひ」⇒

Posted on 2018/06/14 Thu. 01:58 [edit]

category: 鉄道

TB: 0    CM: 0

14

異邦人 

夫の誕生日は6月10日。
娘たちはかなり前から日程調整をして、9日に誕生日会を開いてくれた。
関東圏在住の娘もダンナを連れて奈良へ。
「10日の午前中は空けておいて」「買物に連れて行くからね」。

ワタクシの言うことには耳を貸さないのに、娘の指令には従順だ。
彼女たちが(その父を)連れて行ったのは、オーダーメイド中敷とウォーキングシューズ専門店「異邦人」
180610異邦人

夫の足は、なぜか最近、外反母趾となり、タコ・ウオノメまで出現するというトラブル続き。
これまで履いていた革靴なども遠ざけ、もっぱらくたびれた運動靴を愛用。
ウオノメは時々、皮膚科へ行って処置をしてもらっている。

娘らはそんな父親を心配していたのだった。

この店は足の悩みをチェックして、合う靴を探し、中敷を作り、正しい履き方、歩き方まで指導してくれるのだという。

まずは足の計測

180610靴屋

「24cmです」にはみんな声をあげてビックリ。
「小さ~」
「えっ、私より小さい」^^;
「おかあさんは背が高いからあたりまえよ」と慰めてくれる娘ら…
そ、そうよね、10cmも高いのだから、と開き直るハハ。ハハハ(笑)

それから、いろいろな靴を出してくれるのだが

180610靴

180610診断


きつい、いたい、ばかりで、もう見つからないのではないかと思った頃、
ようやく茶色の革靴がフィット

それから、足に合わせて中敷を作製

180610中敷

こちらの特色は、足裏に合わせたオーダーメイド中敷、らしい。

出来上がりまでの待ち時間、娘たちは、靴関連のグッズを見て

180610グッズ

トラブル予防に効果のあるという5本指のスリッパや靴下まで「この際、ええというのは何でも買おう!」と太っ腹発言。
ま、靴(+中敷)のお値段からみれば、大したことはないのだけれど…

たくましくなった、親孝行の娘らを見て、ハハは思わず泣きそうになったのだった。


やがて出来上がり、歩行練習

180610歩く

あれから、2日、夫は言われたとおり、毎日2時間、神妙に5本スリッパに足を通している。
「治るかなあ」

「まあ、長い年月をかけて足をいためてきたんやから、すぐには無理やろねぇ。ゆっくり修正していったらええのんちがう?」
と激励したつもりだったのに
「治るって言うてや」
^^;

それにしても、娘たちには頭が下がる~。ありがとね~

※異邦人⇒

Posted on 2018/06/12 Tue. 21:20 [edit]

category: こんな店

TB: 0    CM: 4

12