FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

粟原寺跡 

『かぎろひの大和路』次号(復刊35号)のテーマは「廃寺」。
いっぱいありすぎるので、エリア別に分け、その①ということになりますが、次号では奈良県北部(奈良市以外)の、東の山寄りになるでしょうか。具体的には龍センセに聞いてください(笑)。

粟原寺(おおばらでら)も入るというので、12月10日、現地へ行ってきました。
つい10日ほど前(12月2日)、粟原の古墳探訪(⇒)へ行ったとき、粟原公民館の所でお弁当タイムとなったので

181202粟原公民館

さっさと食べて、ひとっ走り、粟原寺跡まで行ってこようかなと思ったのですが、勝手な行動をして迷惑をかけてはいかん、いかんと。出直したというわけです。
でも、粟原寺跡とムネサカ古墳などを絡めて「かぎろひ歴史探訪」コースができないかという検証をちゃっかり(笑)。ま、実現するとしても、来年の12月頃になるでしょうか^^;


粟原寺跡へは、桜井駅南口から大宇陀行きバスにのって12分、「粟原」下車

181210粟原バス停


国道から見る粟原の集落

181210粟原集落


さあ、粟原寺跡を目ざしましょう。坂道をどんどん上ってゆきます。

181210粟原寺跡へ


せせらぎに沿う、緩やかな坂道沿いの、重厚な集落のたたずまい

181210粟原集落2

何度も来たことがあるような懐かしさ。
こんな感じって、奈良県各地にありますよね。パッと思い浮かぶのは、明日香村栢森集落。


道なりに進み、分かれ道には道標があるので、迷うことなく、粟原寺跡へと導かれます。

181210粟原寺跡へ標識

↑峠を越えると大宇陀。
以前から、行きたいなあと思っているのですが、1人ではちょっとこわそうで…^^;
ハイキングしませんか~。


集落のいちばんの高台に、粟原寺跡はあります。
途中、振り返った風景。

181210振り返り


181210粟原寺跡


発掘調査はされていませんが、金堂と三重塔があったと見られています。

181210礎石2


一段低くなった所にも、たくさんの礎石が並んでいましたが、

181210礎石

これは移動されたもののようです。

181210礎石4


「粟原寺」が注目を集める最大の理由は、三重塔の伏鉢(国宝)が談山神社に残り、建立に至る由来が刻まれていることでしょう。
キーワードは比売朝臣額田。

『奈良県の地名』から転載してみます。

此粟原寺者仲臣朝臣大嶋惶惶請願奉為大倭国浄美原
宮治天下天皇時日並御宇東宮敬造伽檻之尓故比売朝
臣額田以甲午年始至於和銅八年合廿二年中敬造伽檻
而作金堂仍造釈迦丈六尊像
和銅八年四月敬以進上於三重塔七科鑪盤矣
仰願藉此功徳


天武天皇の時、仲臣大嶋が草壁皇子のために伽藍を造営することを発願、
額田というものが持統天皇の八年起工、まず金堂をつくり、丈六の釈迦像を安置、大嶋の没後二二年にあたる和銅八年(715)に至って三重塔も整った



説明が2つありました。

181210説明

181210説明2


『桜井風土記』(栢木喜一著 桜井市発行)には次のように書かれています。

(談山神社妙楽寺に残る)この「露盤銘」から中臣朝臣大島が額田王晩年の夫だとし、更に石位寺の三尊石仏は粟原寺のものであり、しかも額田王の念持仏との洞察断定が炯眼の詩人加納諸平、尾山篤二郎、保田與重郎三先覚の積み重ねによりなされた。額田王ゆかりの地である忍坂の地続きの粟原の地に粟原寺が立っていた理由もうなずけるというもの。

また軽の皇子(後の文武天皇)が父日並皇子尊のみ狩りのあとを慕って安騎野に宿りますとき、柿本人麻呂のよんだ「東の野にかぎろひの立つ見えてかへりみすれば月傾きぬ」との名吟で知られている、このときの一行の通路も、古くからの道、粟原の村をへ、半坂越えに宇陀の大野に向かわれたのではなかろうか。当寺にまつわる想像はつきそうにない。



『奈良県の地名』には、寺跡の西側に立つ十三重石塔のことにも触れていますので、ひいておきます。

鶴の子の塔といい、鎌倉後期の作。もと現宇陀市大宇陀町大字半坂道にあったもので、明治二十二年(1889)にこの地に移されたという。


また、このお寺伝来の仏像(粟原流れ)が各地に残っているとか。
奈良博で修理されて、先ごろお寺にもどられた外山(とび)の法恩寺のご本尊もそうだったのですね。
仏像館で拝観していたので、ちょっと感慨あり。法恩寺のHPにも書かれていました。⇒

桜井市観光協会⇒


粟原寺跡とムネサカ古墳、越塚古墳などを訪ねる「かぎろひ歴史探訪」ウォークがはたして可能か? の検証は次回に。

スポンサーサイト

Posted on 2018/12/11 Tue. 19:50 [edit]

category: 大和の寺社

TB: 0    CM: 0

11

平城宮跡の夕空 

本日、「かぎろひ歴史探訪」第11期の最終回を欠席された方に、来期の案内を発送しました。

181209発送


一度だけ飛び入り参加された、ご住所のわかる方にもお送りしています。

追って、HPやブログ、FBなどでも公開していきますが、しばらくお待ちくださいね。

夕刻、朱雀門あたりで。

181209空

何かが羽ばたくように見えました。
がんばろー。
明日は早朝から取材にでかけまーす。
おやすみなさい。

Posted on 2018/12/09 Sun. 22:42 [edit]

category: 奈良市

TB: 0    CM: 0

09

11期の5回目、報告 

「かぎろひ歴史探訪」第11期が終わり、ちょっとホッ。久しぶりに自分の部屋を大掃除し、音楽を聴きながら片づけものなどをする、のんびりした1日を過ごしました。

HPも更新⇒
が、11期の5回目の報告がまだやん^^;

簡単ですが、記録しておきたいと思います。
この日も、いろいろお世話になったのでした。

かぎろひ歴史探訪第11期⑤(2018.11.22)

コース
近鉄平端駅⇒筒井順慶歴史公園(覆堂、五輪塔)⇒来迎寺⇒忍性墓五輪塔⇒額田部窯跡⇒推古神社⇒額安寺⇒馬場塚⇒太子道⇒飽波神社⇒天理軽便鉄道跡⇒JR法隆寺駅


まずは、平端駅近くの、筒井順慶さんのお墓へ。
「筒井順慶歴史公園」となっているのですが、下見のとき、鍵がかかっていたので、入らせてもらえないものか、大和郡山市教育委員会へ電話をしてみたら「当日、手の空いた者が鍵を開けに行きます」とのありがたいお返事。

まさか、覆堂(五輪塔ともに国重文)まで開けていただけるとは思っていなかったので感激!

181122筒井順慶墓

間近に、五輪塔を拝することができました。

181122五輪塔

そのうえ、鍵を開けにきてくださったのが、現地説明会などでもおなじみの山川先生! 
ありがとうございました。


それから、来迎寺さんでお世話になりました。
この日は朝から雨予報。お弁当と講座の場所を心配していたところ、会員のKさんから連絡を頂戴し、ご親類だという来迎寺さんへ。

181122来迎寺


鴟尾ののる立派なお寺でした。

181122来迎寺2


本堂でご住職のお話を聴き

181122来迎寺3


客殿で講座やお弁当までお世話になりました。

181122来迎寺4

ほんとうにありがとうございました。


額安寺五輪塔

181122額安寺五輪塔

3か所に分骨されている、忍性さんのお墓のひとつ。


額田部窯跡、推古神社を経て

181122推古神社


額安寺さんへ

181122額安寺

日本最古と言われる虚空蔵菩薩像は奈良国立博物館に寄託中で拝観できなかったのは残念ですが、興味深いお話をお聞きすることができました。


中家住宅もこの日だけお留守とのことで、ざんねーん。

181122中家住宅


馬場塚へ行く頃に雨が降り出して

181122馬場塚


杵築神社

181122杵築神社

↑聖徳太子さんの後ろの杜


飽波神社から

181122飽波神社


軽便鉄道跡へ

181122天理軽便鉄道跡


これが最終ポイント。電車がくるのをしつこく待っていたのはHさんとワタクシ(笑)

181122電車

JR法隆寺駅で解散となりました。

朝から雨天予報だったのですが、31人の方にご参加いただき、感謝申し上げます。

181122記念撮影

↑来迎寺さんでご住職にも入っていただいて記念撮影

Posted on 2018/12/08 Sat. 21:09 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

08

雨にけぶる宇治 

「かぎろひ歴史探訪」第11期は12月6日をもちまして、無事終了。ありがとうございました。
前回の報告もまだなのですが、まずは6日の宇治の巻から。

JR宇治駅⇒平等院⇒喜撰橋⇒塔の島(十三重石塔)⇒朝霧橋⇒宇治神社→宇治上神社⇒さわらびの道⇒源氏物語ミュージアム⇒三室戸寺⇒宇治墓(応神天皇皇太子・菟道稚郎子)⇒宇治橋⇒JR宇治駅

雨が降ったりやんだりのお天気でした。
個人的には、宇治には雨が似合うと思うのですが、

181206宇治橋から

やっぱり荷物が多くなるし、写真は撮りにくいし、大変でしたね。すいません。

主催者側としては、雨の場合の、お弁当と講座の場所を確保できていないことが一番の心配でしたが、急遽、部屋が見つかったのはラッキーでした。必死の思いが伝わったか^^;

181206講座


そして、紅葉がまだまだきれいに残っていてくれたことも、うれしかったですね。

平等院で

181206平等院2



宇治川に沿うあじろぎの道

181206あじろぎの道


宇治上神社

181206宇治上神社


さわらびの道

181206さわらびの道


紫陽花もツツジもないこんな時期の三室戸寺は、ほんとうに静謐で、しっとりした風情

181206三室戸寺

181206三室戸寺2

181206三室戸寺3



雨天にもかかわらず、30人もの方にご参加いただきました。

181206集合写真

ほんとうにありがとうございます。お疲れさまでした。

第12期は3月からスタートします。
来期は日曜日コースも入れております。
ご参加の方には実施日とコースの案内を配布しましたが、欠席された方には郵送させていただきます。
しばらくお待ちくださいね。

Posted on 2018/12/07 Fri. 22:20 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

07

1本の旗がもたらしたご縁と失態 

12月1日、「わくわくドキドキ大和桜井の古墳探訪」の初日は、桜井市立埋蔵文化財センターでの座学だった。

181201桜井市立埋蔵文化財センター

ワタクシには目的がもうひとつ。
じ、じつは、先日(11月8日)の「かぎろひ歴史探訪」(→)の打ち上げ反省会を行った居酒屋に、旗を忘れたのだった。
三輪にある鳥敏さんでのこと。

1811鳥敏

お開きの後、お店の女性から、「旗忘れていますよ。25日❛酒なら❜に行くのでお持ちします」という電話をもらったのだけれど、若い女性にあんな旗を持って三輪から電車に乗らせるのは気の毒すぎる。それに、受け取ったワタクシも旗を持って飲み歩きしたくないし^^; 「そのうちにこちらからお訪ねしますので、しばらくお預かりいただけませんか」ということで、お店に置きっぱなしになっていたのだ。

あ、「酒なら」というのは→
文中、Sさんというのは、鳥敏さんの電話の主。


12月1日の座学はお昼から夕方までなので、居酒屋へ行くにはちょうどいい時間になるかなともくろんでいたのだった。

参加者の中に、旧知のKさん(男性)の姿が。15年ほど前に、正暦寺で「室町時代の清酒、菩提酛仕込み」を一緒に体験して以来の飲み友。最近はご無沙汰しているのだけれど、いろいろ共通項も多くて親しい旧友といった感じ。
そうや、鳥敏にKさんを誘おうと思いついて、キョロキョロ。あ、いたいた! 熱心に展示を見ているので、後ろから声をかける。
「帰り、三輪の居酒屋へ寄る予定やねんけど、一緒にどう?」

Kさん、振りむいてワタクシを見て、目をシバシバ。
ワタクシ、(Kさん、感じ変わった? だいぶ会ってないもんね)と思う。
Kさん(実はそっくりな見知らぬ人)は、「誘われたら行きますけど…」

その言葉を聞いて初めて、人違いをしていることに気づく、間抜け面。
「すいません、まちがいました!」と叫んで、一目散に逃げる、しかない。ああ、恥ずかしい~^^; 

結局、(ホンモノの)Kさんと一緒に鳥敏へ。
6時から飲み会が入っているというので、そこそこに切り上げ、旗も忘れることなく手中に。

ここでまた旗を忘れたらお笑いやな、と思っていると、Kさん「忘れたものをまた忘れたこと、ブログで読んだで」。
読まれていた^^;→

ま、ストックは大事なものだったけど、旗は手作りの、失くしても大したことのない代物。
こんなんです↓

18旗


土曜日のせいか、JR桜井線も人が多くて座れない。
「旗を網棚に置いたら忘れるかなあ」とワタクシ。
Kさん「後見役として気をつけるから大丈夫」。

そのうちに席が空いたので座り、おしゃべり三昧。
そうして、終点奈良着。…電車を降りたとき、後ろから女性が追いかけてきて「網棚に忘れ物されてません?」
あちゃ、すっかり失念、2人とも。
というわけで、またまた忘れるところなのだった^^;

帰宅して、1日の顛末を夫に話したら、笑いすぎ。
そんなにウケるのだったらと(なかばムッとしながら)、ブログで恥を公開~。
相変わらずのそそっかしさ、笑ってやってくださーい。

ご迷惑をおかけした皆様、申しわけありません。すいませんでしたm(__)m
鳥敏のSさんとはご縁が続きそう。来春、歴史探訪でご紹介できるカナ。

Posted on 2018/12/05 Wed. 11:32 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

05