11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

在原業平 供養塔 

不退寺の墓地に、在原業平の供養塔があることを、近くにお住まいの“な”さんに教えていただいてから、数か月も経って、やっと行ってきました。

先日、不退寺の紅葉をアップしましたが(→)、実は第一目的がこの供養塔だったのです。

不退寺の山門前を西へ

161122不退寺西から


道なりに北へ進むと、右手に墓地が見えてきます。

161122墓地へ


階段を上ると、すぐにわかりました。左手正面に、ひときわ大きな五輪塔。あ、これやな!

161122五輪塔


近づいてみましょう。

161122五輪塔2


前の花筒に文字が刻まれていました。

161122伝在原業平

伝 在原業平朝臣
元慶四年五月二十八日 五十六
南都 不退寺

業平が没したと伝えられる年月日と年齢のようですが、刻まれたのは新しいと思われますね。

161122五輪塔3


それから墓地の中をウロウロ(ゴメンナサイm(__)m)
墓地は、古い石仏や石碑などの宝庫よね、と感じることが多いものですからね。

この墓地にもたくさん

161122石仏


それで思い出したのが、一条通りにあったセンダンの巨樹のこと。樹齢1000年ともいわれるセンダンは野神さんとして信仰されていたのですが、枯死。

センダンの木が枯死したとき、その頃、一条高校の先生をされていた猪股靜彌先生が、センダンが敷地内にあった中村さんに保存を懇願され、中村さんが聞き入れらました。

おかげで、今も、センダンの幹は残されて、木のウロの中には五輪塔がまつられています。

161122センダン


故・猪股靜彌先生は『野に遊び 人に学ぶ』という本の中で「一条高校の野神さん」というエッセーを書かれています。
本が出版されたとき、このブログでもちょっと紹介したことがあるのですが(→)、野神さんの文章には触れませんでしたので、ここで一部を抜粋させていただきたいと思います。

・・・
一条高校前のセンダンは根まわりの径が2メートル余り。樹齢千年を超えているのではあるまいか。・・・
9月1日。二学期の始業式。式後、生徒は帰宅、またクラブ活動。教職員は午後5時まで勤務。校門を出たわたしは、センダンの根方に向かって祈りを捧げる一人の婦人を見た。センダンの根方には刃の光る鎌が立てかけられている。一心に何か呪文をとなえている。祈りの終わった婦人に、祈りのことを聞いた。
「野神さんに、大風が吹かぬこと。出水で稲が倒れないことを祈った。鎌は風切りの霊力がある」という返事をいただいた。わたしは瑞穂の国の農民が、神社の神でもなく、寺院の仏でもなく辻の野神に秋の豊作を祈念する敬虔な真実の姿にめぐり会ったのであった。
後、数年にして神のセンダンは枯死。野神が敷地内の中村洋服店は、店を拡大し再建するという。私は中村さんに野神さんの保存を懇願した。中村さんは根方の野仏、石地蔵を近くの不退寺の本堂裏に祭ってもらい、センダンに覆い屋根を立て、前に祭壇とかこいの柵を造ってくださっている。
・・・


先日たまたまお会いした中村さんにお話を聞くことができました。
根方のたくさんの石仏はたしかに不退寺さんに引き取っていただきましたが、それをどこにまつられたかまでは確認できていないということでした。

で、ふと、墓地にあるたくさんの石仏たちはもしかしたら、センダンのところにまつられていたものかなあと思ったのでした。

話がだいぶ違う方向へそれてしまいました^^;

業平さんゆかりの地はあちこちにあると思われます。
なむさいじょうさんが追っかけていらっしゃいますので、ご参考に→


墓地でしばらく西の景色を眺めていました。

161122墓地から

↑右手にウワナベ古墳、正面は生駒山。大極殿も見えますね。
スポンサーサイト

Posted on 2016/11/30 Wed. 10:55 [edit]

category: 大和の寺社

TB: 0    CM: 2

30

12月1日、北・山の辺の道ウォーク 

「かぎろひ歴史探訪」ウォーク第7期も残すところ1回となってしまいました。
12月1日に歩く予定の「山の辺の道」北コースの下見に行ってきましたので、ざっとご案内します。

帯解駅を10時に出発して、帯解寺~龍象寺~八坂(阪)神社(円満寺)を訪ねます。

龍象寺

161125龍象寺


円満寺に掲げられている算額

161125算額


国道169号線を渡ったあとは、先日「やまとんくらぶ」の下見で見つけたのどかな田園の道を。

161125農道


現在、センセが当日配布の資料を作成中なのですが、小耳にはさんだところでは、
水鳥が多い、この溜池

161125池

なんと、古墳だったとか。ビックリ。


いつも静かで格調高い円照寺の参道も紅葉が鮮やか(11月25日)

161125参道


円照寺もこのとおり

161125円照寺

161125円照寺2


何度歩いてもいい道ですね。心も身体も元気になったような気がします。

161125北山の辺の道


円照寺からはほぼこの道↓をたどります(2回クリックで大きくなります)。

161125地図


※かぎろひ歴史探訪
12月1日(木)10時 JR万葉まほろば線帯解駅出発
事前申し込みなしの飛び入り参加OK(1500円)


-- 続きを読む --

Posted on 2016/11/26 Sat. 22:36 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

26

不退寺の紅葉 

11月22日、仕事(といっていいのか)を兼ねての近辺ちょこっとハイキング。
~不退寺~那富山墓~般若寺~奈良少年刑務所~大仏池~

不退寺の紅葉は見ごろを迎えていました。
お寺さんの話によると、今年はちょっと早いけれど、ひときわ鮮やかとのこと。

161122山門から


まっかっかに燃える木も

161122真紅


グラデーションもあり

161122多宝塔越しに


161122紅葉


161122多宝塔


161122多宝塔を



本堂では、秋期寺宝特別公開中(11月30日まで)

161122本堂


本堂から山門をみたところ

161122本堂から


一条通りから北へ、樹木のトンネルの奥に山門が見えてくる風景も好き

161122不退寺へ


Posted on 2016/11/23 Wed. 13:38 [edit]

category: 大和の寺社

TB: 0    CM: 2

23

11月10日の歴史探訪報告 

「かぎろひ歴史探訪」第7期は、12月1日に最終回を迎えます。
近々、下見に行く予定なのですが、あっ、前回のご報告がまだでした^^;

あまり時間が経ってしまうといけませんね。
簡単なご報告ですみません。

コース
近鉄吉野線壺阪山駅ー観覚寺遺跡ー子嶋寺ーキトラ古墳、壁画体験館 四神の館ー檜隈寺跡(於美阿志神社)ー櫛玉命神社ーマルコ山古墳ー岩屋山古墳ー牟佐坐神社ー近鉄岡寺駅


近鉄吉野線壺阪山駅に集合。
出発までもう少し。皆さん、思い思いに何だか楽しそう~。

161110壺阪山駅


観覚寺遺跡を経て、子嶋寺へ

161110子嶋寺へ


161110子嶋寺


キトラ古墳へ

161110キトラ古墳へ


キトラ古墳で

161110キトラ古墳


壁画体験館 四神の館などをたっぷり楽しみ、お弁当や龍センセ講座もこちらで。

展望台から。

161110展望台

下見記事をアップしたとき、大和三山が見えるようなことを書いてしまいましたが、実は香具山が隠れています。
申しわけありません。お詫びして訂正します。下見記事も修正→

それから檜隈寺跡へ向かいました。

161110檜前寺跡へ2


キュッと寒い日だったのですが、青空がきれいで、歩くにはサイコーの日よりでしたね。

161110檜前寺跡へ


檜隈寺跡(於美阿志神社)で

161110檜隈寺跡


檜隈集落を抜けて櫛玉命神社へ

161110櫛玉命神社


マルコ山古墳

161110マルコ山古墳


マルコ山古墳をあとに

161110マルコ山古墳から


飛鳥駅を通過して、何度も行っているけれど、やっぱり岩屋山古墳にも立ち寄ってから

161110岩屋山古墳から


牟佐坐神社にお参りして、岡寺駅で解散となりました。


参加者のブログなど
ぴあののーと・いたりあのーと
鉄道の旅、音楽の旅 
河内太古さんのアルバム→

参加者33名。皆様ありがとうございました。
記念撮影はキトラ古墳地区で。

161110記念撮影



Posted on 2016/11/22 Tue. 20:06 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 2

22

アウル古楽アンサンブル演奏会 2016 

「アウル古楽アンサンブル演奏会」が今年も開かれます。

2016アウル


12月10日(土)午後1時30分開場 2時開演
奈良ホテル 聖ラファエル教会
チケット3000円(前売り2500円)

お問い合わせ・お申し込みは
池口さん 0742-24-5781
ワタクシのほうへご連絡くださってもOKです。右のメールフォームからどうぞ。


メンバー
池口秀樹
池口由紀子
金谷くるみ
杉田明徳
寺内知子
吉岡昌信

アウル古楽アンサンブルは、ルネサンス・初期バロック時代の音楽を、復元した古楽器を用いて再現されています。
使用楽器は、各種リコーダー、クルムホルン、コルムナーゼ、ゲムスホルン、フィーデル、ルネサンスギター、リュート、ガンバ、チェンバロ、ハープ、打楽器、など。

聖ラファエル教会も魅力です!

聖ラファエル教会

チラシ裏面もご参考に。クリックで大きくなります。

2016アウル2


2015年の演奏会案内→


Posted on 2016/11/21 Mon. 07:18 [edit]

category: 催し物案内

TB: 0    CM: 0

21